広告


menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
アジア
農と食
国際
人類の当面する基本問題
橋本勝21世紀風刺画日記
欧州
みる・よむ・きく
アフリカ
検証・メディア
労働問題
教育
医療/健康
中東
反戦・平和
政治
難民
憲法
コラム
市民活動
経済
文化
核・原子力
地域


提携・契約メディア
AIニュース
労働情報
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2022年06月24日
2022年06月23日
2022年06月22日
2022年06月21日
2022年06月19日
2022年06月16日
2022年06月15日
2022年06月14日
2022年06月13日
2022年06月09日







哲学者パトリス・マニグリエ氏。2016年の「立ち上がる夜」に哲学者として参加した。この春、新刊"La philosophie qui se fait "がパリで出版された。 これはPhilippe Petitによるインタビューで、対談を通して今日のアクチュアルな問題と哲学について語ったものらしい。


社会評論社刊。320ページ。「立ち上がる夜」の参加者一人一人を訪ねてパリや近郊の都市を訪ね歩き、彼らの暮らしの問題や人生を見つめたルポ。本書の中には哲学者として運動に参加したパトリス・マニグリエ氏へのインタビューも含まれている。




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要