広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
『手塚治虫の霊言』
サウジ記者「殺害」
柴山昌彦文科相、小渕・・
ベトナム人実習生・死
単純労働に新在留資格案
稲田朋美氏側に脱税企
安倍首相を悩ます4つ
野党一本化・予備選
民放連に広告の自主規制
テイラー・スウィフトの政


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
アフリカ
中国
みる・よむ・きく
国際
移民大国ニッポン
文化
環境
人権/反差別/司法
コラム
労働問題
政治
市民活動
社会
TPP/脱グローバリゼーション
検証・メディア
教育
遺伝子組み換え/ゲノム編集
橋本勝の21世紀風刺絵日記
農と食
核・原子力
反戦・平和
歴史を検証する
沖縄/日米安保
北朝鮮
中東
司法
国際
地域
ITフロント
経済
東日本大震災
アジア
ビルマ民主化
イスラエル/パレスチナ


提携・契約メディア
司法
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2018年10月15日
2018年10月14日
2018年10月13日
2018年10月12日
2018年10月11日
2018年10月10日
2018年10月09日
2018年10月08日
2018年10月07日
2018年10月06日







パリ在住のクラリネット演奏家 フランク・ルッソさん(Franck Russo 29)生まれは南仏。


演奏家に旅はつきもの


プラハでは様々な音楽行事が開催されている。「プラハの春」クラリネット国際コンクールもその1つ。(写真 Petra Karlova)Praha 


今年の「プラハの春」クラリネット国際コンクールで。モーツァルトの協奏曲とコープランドの協奏曲を演奏。第三位に入賞。


2014年横須賀で行われたジャック・ランスロ国際クラリネットコンクールのために来日した時の1枚。課題曲の1つ、ドビュッシー作曲「第一ラプソディー」のもっとも優れた演奏をした人に贈られる特別賞・浜中浩一賞をルッソ氏が受賞。このコンクールはフランスの優れたクラリネット演奏家ジャック・ランスロ氏を記念して設けられたもので、浜中浩一氏はランスロ氏の弟子として、このコンクールの設立に貢献した。日仏交互に隔年開催されている。去年が2回目。


南仏からパリのコンセルバトワールに入るためにパリへ。10歳の年にクラリネットを買ってくれたのは祖父だった。


「大切なことは音楽という目的であり、そこに自分の感性を反映させるということなのです」


2012年のアヴィニヨンの演劇祭で、ロシア・東欧のフェアリーテールの音楽劇’Le Renne du Soleil’を上演。真ん中がルッソさん。仲間は音楽劇団 traintamarrede のメンバー。東欧の伝統音楽を取り入れた。


アブサン四重奏団(左端がルッソさん)さまざまなタイプのクラリネットの四重奏を行い、レコーディング。アブサンとはフランスなどで作られているリキュール酒。


フランク・ルッソさんの出身地は南仏、地中海沿いのトゥーロンに近いラ・セーヌ=シュル=メール。トゥーロン・オペラのソロイストでもある。


「一度楽譜が頭に入ったら、クラリネットは物語の登場人物の一人なのです。僕は芝居をするのが好きです」




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要