広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
下関市長「桜を見る会」
下関市議が「地方枠」で
9億円の文書が行方不明
仏大学で苦学生が焼身自殺
「ホテル名義の領収書」
桜を見る会中止で疑惑
「税金で飲み会」
統一教会関係者も招待
「桜を見る会」名簿
桜を見る会に一言


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
反戦・平和
市民活動
文化
政治
TPP/脱グローバリゼーション
核・原子力
難民
関生反弾圧市民情報センター
社会
遺伝子組み換え/ゲノム編集
アフリカ
安倍政権を検証する
検証・メディア
農と食
欧州
橋本勝の21世紀風刺絵日記
医療/健康
地域
環境
コラム
国際
みる・よむ・きく
経済
人権/反差別/司法
北朝鮮
国際
アジア
中国
外国人労働者
韓国
教育


提携・契約メディア
労働情報
AIニュース
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2019年11月19日
2019年11月18日
2019年11月17日
2019年11月16日
2019年11月15日
2019年11月14日
2019年11月13日
2019年11月12日
2019年11月10日
2019年11月09日







バンコクに移住した宇崎喜代美さん(左)。国際線に乗っていたスチュワーデス時代から愛読書は時代小説、剣豪小説だった。夫の真氏はバンコクを拠点にアジア各地を飛び回る映像ジャーナリスト


バンコクの住まいに読みためた時代小説。500冊はくだらない。「最初は藤沢周平、次いで池波正太郎、司馬遼太郎、山本周五郎の世界に入っていった」


国際線のスチュワーデスだった頃。「滞在先の国のベッドタイムに本来の自分の世界に戻るための時代小説は手離せなかった」


東映(京都)の初代、着付け師だった祖父。仕事場を訪ねたとき(前列の幼い女の子が喜代美さん)


バンコクで飼っていたポチと散歩中。「犬の目の前をポチが通り過ぎると突然威嚇の大声がポチを襲ったりする。今にも噛みつきそうな敵意を示してもポチは慌てずひるみもしない。一喝するかの如く吠え返す」




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要