広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
NYタイムズ東京支局
なぜ日本の演劇は
「ご飯論法」…
安倍首相「ご飯論法」
済州島にイエメン人が
コーヒー 12年ぶり安値
フェイクニュース第一人者
記者を「国民の敵」
労働分配率、低水準 
新在留資格「コンビニも」


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
核・原子力
コラム
移民大国ニッポン
中国
検証・メディア
国際
歴史を検証する
沖縄/日米安保
北朝鮮
みる・よむ・きく
文化
労働問題
反戦・平和
環境
橋本勝の21世紀風刺絵日記
中東
市民活動
司法
政治
農と食
社会
国際
地域
ITフロント
経済
東日本大震災
教育
アジア
アフリカ
ビルマ民主化
遺伝子組み換え/ゲノム編集
イスラエル/パレスチナ
人権/反差別/司法
TPP/脱グローバリゼーション
終わりなき水俣
安倍政権を検証する
科学


提携・契約メディア
司法
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2018年09月19日
2018年09月18日
2018年09月17日
2018年09月16日
2018年09月15日
2018年09月14日
2018年09月13日
2018年09月12日
2018年09月11日
2018年09月10日







ラヴァ―ル氏の洗練されたイラスト。光の作り出す明暗が見事。


物語に合わせて柔軟に絵を描きわけるというラヴァ―ル氏。©Florian Belmonte


ラヴァ―ル氏が住んでいるブルターニュ地方のディナールは海水浴場に面していて夏は避暑客がどっと増える。


フランスの北西部、ブルターニュ地方に位置するディナールの風景。濃淡の表現には高度なテクニックがある。


ブルターニュ地方での生活。端末に気を取られて子供を危険にさらすのは日仏共通の現象か。


一番最近出版されたのがFuturpolisから刊行された「Mort aux vaches」


「La Revue Dessinee」と「Arte」と「 Mediapart」がともに2017年のフランス選挙を風刺漫画家十数人を集めて描くプロジェクト。これはラヴァ―ル氏の作品。ムスリムと思しき女性二人がパリの橋の上で話している。「早く帰って避難所に入らないと、2017年が来てしまうよ。大統領選挙もあるんだからね」イスラム系移民への厳しい政策を打ち出しそうな候補者が大統領になる可能性がある。




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要