広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
再び「怪文書」認識
面前DV
薬物使用報道について
ヘイト本「慣例」
『日本が売られる』事実確
産経リストラ
ダウンロード違法化の
「賛成意見を水増し」
スクショもNG
菅さんがカンカンに


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
アフリカ
関生反弾圧市民情報センター
文化
社会
政治
医療/健康
検証・メディア
農と食
中国
コラム
外国人労働者
欧州
沖縄/日米安保
市民活動
教育
移民大国ニッポン
アジア
橋本勝の21世紀風刺絵日記
みる・よむ・きく
地域
環境
反戦・平和
核・原子力
人権/反差別/司法
国際
労働問題
韓国
フェミニズム
スポーツ
遺伝子組み換え/ゲノム編集


提携・契約メディア
AIニュース
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2019年03月18日
2019年03月17日
2019年03月16日
2019年03月15日
2019年03月14日
2019年03月13日
2019年03月11日
2019年03月10日
2019年03月09日
2019年03月08日







ルル・ピカソ氏のイラスト。郷里ルーアンの友人が立ち上げた音楽レーベルSordide Sentimentalのレコードジャケット用


ルル・ピカソ氏(Loulou Picasso)Photo:Véronique Chauvin マドリッドに旅した時の一枚。現在、ルル・ピカソ氏はフランス北西部のブルターニュ地方の家で暮らしており、パリには必要に応じて出てくるのだという


Bazooka(1974-1978) はリベラシオン紙でイラストを描くようになった。ルル・ピカソ氏の作風は白と黒の間に様々な諧調を持つ豊かな「灰色の世界」と言われる。Fortifiant : en pharmacie, médicament qui fortifie, donne des forces, de la vigueur physique.


1978年にBazookaを解散したのち、ルル・ピカソ氏は絵画も描き始め、agnès bのギャラリーで個展を開くようになった。


アニエスベー(東京).アニエスべーのプロデュースで日比野克彦氏とルル・ピカソ氏との共同展示会が開催された。1991年、ルル氏はシベリア鉄道でパリから東京へ、日比野氏は東京からパリへ同じシベリア鉄道を使って旅をした。その旅路でそれぞれが作品を作ったという。そこでカタログには「ロシア モスクワ−ウラジオストック」 "POCCИЯ MOCKBA- BЛAДИBOCTOK ( Moscow - Vladivostok)"と記されている。アニエスベーのパリと東京のギャラリーで同時に開催された。それはまさにベルリンの壁が崩壊し、未だソ連は崩壊寸前という歴史の転換点のことだった。


今年来日した時にルル・ピカソ氏が渋谷のホテルの窓から見た風景 le paysage de Shibuya est une vue de ma chambre d'hotel (The Cerulean Tower Tokyu Hotel)




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要