広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
北朝鮮が弾道ミサイル
首相、私大にも介入
昭恵氏の旅費 90万
「共謀罪」で盛山副大臣
「昭恵夫人の直接介入
「経緯、昭恵氏に報告」
財務省側「本人かわから
「昭恵氏に報告したので財
財務省、書類の案文も
桑原蔵書1万冊廃棄


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
国際
人権/反差別/司法
農と食
反戦・平和
市民活動
政治
文化
遺伝子組み換え/クローン食品
沖縄/日米安保/米軍再編
アフリカ
中国
みる・よむ・きく
ITフロント
農と食
コラム
橋本勝の21世紀風刺絵日記
欧州
医療/健康
社会
教育
イスラエル/パレスチナ
アジア
東日本大震災
中東
TPP/脱グローバリゼーション
米国
核・原子力
環境


提携・契約メディア
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2017年05月24日
2017年05月23日
2017年05月22日
2017年05月21日
2017年05月20日
2017年05月19日
2017年05月18日
2017年05月17日
2017年05月16日
2017年05月15日



Special

特集

中東




  • 2007/06/04 
  • 2007/05/27 
  • 2006/11/03 
  • 2006/09/14 
  • 2006/09/13 


  • 新世代ゲリラ戦で国家の正規軍を翻弄 ヒズボラの強さの秘密
      【東京2日=齊藤力二朗】兵力、戦備とも圧倒的に優勢なイスラエル軍は何故ヒズボラに互角以上の戦いを許したのか?8月30日付のイスラム・オンラインは、死を恐れないという果敢な戦闘精神以外の戦術的理由を詳述したムハンマド・アブドルハリーム編集委員の評論を掲載した。独立した少数集団が地の利をいかした機動的な最新式ゲリラ戦術を駆使、国家の正規軍に勝る力を発揮するという「第4世代戦争」の戦闘態勢を構築した結果だという。(2006/09/02)

  • 2006/09/02 


  • ウォルデン・ベロのベイルート8月14日=レバノンからの報告=
    レバノン停戦からほぼ3週間がたった。綱渡りの状況は相変わらずだ。この「戦争」はレバノンの人々の日々のくらしに何をもたらしたのか、人々の未来につながる何があったのか、停戦の日の8月14日、ベイルートに立ったウォルデン・ベロの報告を紹介する。ウォルデン・ベロは、フィリピン大学社会学教授で、タイ・バンコックに本部のある調査・運動団体「フォーカス・オン・ザ・グローバル・サウス」の専任理事として、国際的な平和と反グローバリゼーション運動の先頭にたって活動している。レバノンへは本紙8月18日号で報道した国際市民平和視察団の一員として訪れた。翻訳は萩谷良氏である。(大野和興)(2006/08/30)


  • 2006/08/29 


  • 「イランは生易しい相手ではない」 レバノン大学教授が予想する米−イラン戦争
     【東京29日=齊藤力二朗】イスラエルによるレバノン侵攻戦争は34日間で一応終結したが、イスラエルと米国の多くのアナリストたちが、今回のレバノン戦争は来るべき米−イラン戦争の予行演習に過ぎないと指摘している。26日付のミドル・イースト・オンラインは、レバノン大学のハリール・フセイン博士(国際法)の「イランは生易しい相手ではない」とする分析を掲載した。(2006/08/29)


    イスラエルの思惑崩れ、さらに右傾化の恐れ ゲリラ戦に戸惑う
     イスラエルの思惑が、レバノンのヒズボラとの戦いでことごとく崩壊し、イスラエルは進むべき新たな方向性が見出せず危機的状況にあるという。18日付のイスラム・オンラインによると、イスラエル問題の専門家のジャーナリスト、著述家のサーレフ・ヌアーミー氏は、イスラエルは今後、より右傾化するだろうと分析している。(日刊ベリタ=齊藤力二朗)(2006/08/25)


    レバノン戦争とイラン イスラムの大義と自国の安全保障のジレンマに揺れる大国
      一ヶ月にわたるレバノン戦争では、イスラエル軍に対して善戦するレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラの背後にイランの影がちらついた。事実、首都テヘランではイスラムの大義を掲げ、レバノンへの志願兵を募る動きが保守派学生を中心に展開された、と同市の大学に留学中の大村一朗さんは報告する。このような若者の純粋な熱狂は少数派にすぎず、政府も積極的支持を与えたわけではないものの、イスラムの大国イランを取り巻く周辺地域の情勢いかんでは無視できない力を発揮するのではないか、と大村さんは見る。(ベリタ通信)(2006/08/25)


  • 2006/08/23 サウジの有力法学者が「シーア派は異端」とヒズボラ非難


  • イスラエル打倒にはエジプトでのクーデターが不可欠:アラブ紙社説
      【東京22日=齊藤力二朗】イスラエルを倒すには南北両面作戦が欠かせないが、パレスチナ・ガザ地区がレバノンのように対イスラエル戦争で顕著な戦果を挙げていないのは、面積と隣接国家の支援体制が異なるためで、ガザに隣接するエジプトでクーデターが起きる可能性があるとする社説を、21日付のアラビア語高級紙、アルクドゥス・アルアラビ−(本社ロンドン)が掲載した。(2006/08/22)


    レバノン、イスラエルそして「大西アジア危機」 フレッド・ハリディ
     【openDemocracy特約】現在のイスラエル・ヒズボラの紛争は、1914年に始まった欧州戦争に似ていると言っていい。それは突然、ほとんど偶然に爆発したとしても、ずっと前から計画されていた地域紛争であった。一旦始まると、その地域の主要国を引きずり込み、すべての人たちにとって悲惨な結果をもたらし、多くの人たちに破滅的結果をもたらした。それは粛然とさせる比較であるが、大西アジアでの現在の出来事の構図からすれば、極端なものではない。現時点において、進歩の可能性はあるかもしれない。しかし現在のところ、容易に見て取れるものは危機である。(2006/08/22)


    イスラエルと互角に戦ったヒズボラ 強烈な聖戦意識
     レバノンのシーア派武装組織ヒズボラが、中東地域で随一の軍事力を誇るイスラエル軍と互角以上に渡り合った。その強さの源泉はどこにあるのか。19日付のイスラム・オンラインが、イスラエル軍の侵攻を受けた南レバノンのビント・ジュバイルから報じた。(日刊ベリタ=齊藤力二朗)(2006/08/20)


    ヒズボラが戦争被害者に補償金支払い 政府に先駆け復旧支援も開始
      【東京19日=齊藤力二朗】レバノンのシーア派組織ヒズボラが、対イスラエル戦争の被害者に補償金を支払い、復旧工事に取り掛かっている。18日付のミドル・イースト・オンライン(本社ロンドン・アラビア語電子版)が報じた。米国などからテロ集団とされる同組織がレバノン政府に先駆けて復旧支援を開始したことを被災民は歓迎しているというが、補償金の出所については触れられていない。(2006/08/19)


    「中東は変わった」 アラブ諸国の政治家らがヒズボラの善戦を高く評価
      【東京18日=齊藤力二朗】レバノンのシーア派勢力ヒズボラが対イスラエル戦争で互角の戦果を挙げたことは、アラブ・イスラム世界の政治家たちを大いに感激させている。16日付のミドル・イースト・オンライン(本社ロンドン)のアラビア語版によると、15日にエジプトで開かれたシンポジムでは親米国も含めた各国代表が口々にヒズボラの抵抗を讃え、中東はもはや一ヶ月前と同じではないと強調した。(2006/08/18)


    イスラエルの戦後の傷を象徴 平和活動家の息子の戦死 ジャン・マックギーク
     【openDemocracy特約】イスラエルの最も有名な平和活動家のひとりであるデビッド・グロスマンはいま、レバノンでのイスラエルの地上攻撃が終わりに近づいている時に殺された真ん中の息子、ウリの死を深く悲しんでいる。それは、中東での1ヶ月にわたる戦争の無情なねじれの中で起きた。20歳の戦車司令官は8月12日、死亡した。世界的に有名な、積極的に発言する小説家である彼の父がエフド・オルメルト首相に対し、即時停戦を宣言し、レバノンと直接交渉するよう求めてから48時間もたっていなかった。(2006/08/18)


    「レバノン戦争停止についての声明」を発表 国際市民平和視察団
      国連安保理の決議を受け、薄氷の上の停戦に入ったレバノンで14日、国際市民社会平和視察団が記者会見し、「レバノン戦争停止についての声明」を発表した。同視察団はインド、フィリピン、ブラジル、ノルウェイ、フランス、スペインの社会運動家、平和活動家からなる12名。フィリピン大学教授で、バンコクの本拠を置くフォーカス・オン・ザ・グローバル・サウス代表のウォルデン・ベロ氏も入っている。一行は12日にダマスカスからベイルートに入った。声明はイスラエルの行動を「国家テロであり、重大な国際法違反であって、戦争犯罪として処置されるべきものである」と非難し、国際戦争犯罪法廷設置を勧告している。以下、在パリで、グローバル・ウォッチを主宰するコリン小林さんから送られてきた声明をお伝えする。(大野和興)(2006/08/18)


    マルクスが草葉の陰で嘆く 問われる欧州左翼のレバノンへの対応 ハゼム・サギエフ
     【openDemocracy特約】イスラエルとその戦争犯罪に対して、欧州の左翼はわれわれレバノン人を支持している。ありがとう。すばらしい。大地を焦土化し、兵士も、赤ん坊も大人も区別なく、国土と空域に対する圧倒的な技術的蛮行に直面して、レバノン人はすべての支援を必要としている。だが、定義によれば進歩的な左翼が、もし米国の外交政策と米国自身への憎しみだけが動機となった一般概念で満足しているのではなく、その状況の特異性を把握しているなら、もっと好ましい。(2006/08/17)


  • 2006/08/14 


  • イスラエル軍の攻撃は戦争犯罪 ヒューマン・ライツ・ウオッチが報告書 ヒズボラにも攻撃中止を要求 
      【テルアビブ10日=桐島けい】国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」はこのほど発表した報告書で、イスラエル軍による市民への無差別攻撃は戦争犯罪に当たり、「イスラム教シーア派武装組織ヒズボラはレバノン市民を人間の盾として利用している」とのイスラエルの主張は誤りである、と非難した。イスラエル政府や軍はこれまで「レバノン市民の被害を最小限にするための方策を講じてきた」とし、民間人の犠牲はすべてヒズボラの責任との態度を貫いているが、「イスラエル軍は戦闘員と市民を区別することに組織的に失敗している」と同団体はイスラエルの主張を一蹴している。(2006/08/11)

  • 2006/08/10 
  • 2006/08/09 レバノンに義勇兵を派遣、インドネシアのイスラム急進派


  • 国連監視員はなぜ殺されたのか 公式記録が物語るイスラエルのレバノン領空侵犯
      イスラエルのレバノン攻撃は、ヒズボラが2名のイスラエル兵士をイスラエル領内で捕虜にしたことが発端とされているが、それでは、イスラエルはレバノンの主権を尊重してきたのだろうか?イスラエルによるレバノンの主権蹂躙はこれまで数え切れないほど発生しているが、ここでは領空侵犯の問題を取り上げよう。イスラエルによる領空侵犯を記録していた国連の国境監視員たちは、10回以上も、イスラエル側に爆撃を止めるようにと電話し、「止める」という答えを得ていたにも関わらず、精密誘導弾で殺されてしまった。それは何のためだったのか。イスラエルの大学で教鞭とるラン・ハッコヘンが、同国内部でこの事件がどのように説明されているか、その雰囲気を伝えるとともに、国連監視員たちが残したイスラエルによる領空侵犯の記録を紹介する。(TUP速報)(2006/08/08)


  • 2006/08/07 
  • 2006/08/06 


  • フィリピン人出稼ぎ者の脱出ルート寸断 北部の橋爆撃で退避できず なお3万人残留、政府は方法再検討
      【マニラ新聞特約5日】レバノンからのフィリピン人海外就労者(OFW)退避で、シリアへの退避ルート上にあるレバノン北部の橋が4日、イスラエル軍機の爆撃で破壊された。同ルートが使えなくなったことを受け、比政府は、陸上ルートの変更や海路を使った退避法の検討に入った。同国に残留するOFW約3万人の退避遅延など影響が出そうだ。(2006/08/06)


  • 2006/08/05 マレーシアがレバノンに平和維持軍1000人派遣の用意
  • 2006/08/05 
  • 2006/08/03 
  • 2006/08/02 


  • イスラエル軍が同意せずレバノン南部への物資輸送が足止め
      【テルアビブ1日=桐島けい】イスラエル軍による攻撃で600人以上が死亡したとされ、空港や生活関連施設などが壊滅的な打撃を受けているレバノンで、イスラエル軍による安全確保が得られず、世界食糧計画(WFP)などの援助機関がレバノン市民に援助物資を届けられなくなっている。レバノン南部へ向かおうとしていた援助物資輸送車隊は首都ベイルートなどで足止め状態となっており、疲弊したレバノン市民をさらに困窮させるものと懸念されている。(2006/08/02)


  • 2006/08/02 


  • イスラエル軍がガザで実験用新型爆弾を投下か 国際法違反の疑いとパレスチナ厚生省
      【東京1日=齊藤力二朗】イスラエルはレバノン爆撃でクラスター爆弾など国際的に使用が禁じられている兵器を使っていると非難されているが、パレスチナのガザでは、下半身に集中的に火傷を負わせる未知の新型爆弾を使っている模様だ。7月27日付のミドル・イースト・オンラインは負傷者や医師の証言を伝えた。パレスチナ厚生省は国際法で禁じられた兵器だとして独立機関による調査を要求している。(2006/08/01)


  • 2006/08/01 


  • 戦略的・政治的目標を達成しつつあるヒズボラ イスラエルは政治的敗北 ストラトファー社
     「影のCIA」の異名を持つ米国の軍事・情報サービス会社ストラトフォーの分析によると、イスラエルとヒズボラの戦闘で、ヒズボラは戦略的・政治的目標を達成しつつある。一方、イスラエルは政治的敗北を喫し、現時点の停戦はイスラエルにとって、政治的破滅であるという。(ベリタ通信=鳥居英晴)(2006/07/31)


    イランの支援がなくてもヒズボラは生き残る アンワール・リジビ
     【openDemocracy特約】大まかに訳すと「繰り返しはロバを教える」というレバノンの古いことわざがある。その教訓は、ロバのような頭の固い動物でも何度でも繰り返し教えれば、学習するということである。レバノンでこの2週間に起きていることは、現在の破壊的な暴力の衝突での主人公たちは誰もその古い農民のことわざに注意を払っていないことを示している。ヒズボラはイスラエル兵の殺害と拉致で無謀さを示したかもしれないが、イスラエルの反応の残忍さは信念を無力化する。(2006/07/31)


  • 2006/07/30 
  • 2006/07/29 


  • 【IPSコラム】独仏和解に学べ 相互報復の悪循環を断ち切るために ヨハン・ガルトゥング/ディートリヒ・フィッシャー
     【IPSコラムニスト・サービス=ベリタ通信】問題は誰が始めたのかではなく、誰に責任があるかでもなく、「自己防衛」として正当化できるかできないかでもない。問題は、戦争行為が「バランスがとれている」かどうかではない。問題は、戦争の特徴である相互報復の繰り返しという悪循環である。それは、ユダヤ人とアラブ人の間の未解決の紛争の基礎にあるものである。(2006/07/26)


    すべてはパレスチナ問題に起因 「最悪のシナリオ」避けられるか 元レバノン大使・天木直人
      7月12日から始まったイスラエルのレバノン攻撃を、私は強い驚きと悲しみと怒りで見守っている。見守る以外に今の私に何が出来るというのか。驚きとは、ヒズボラがイスラエル兵を襲撃し拉致したというだけで、イスラエルがレバノンへの攻撃をここまで激化させるとは想像できなかったからだ。私がレバノンに勤務していた2001年2月から2003年8月の間にも、幾度となくヒズボラのイスラエル攻撃がありイスラエル兵が拉致された事があったが、散発的な攻撃の応酬の後に必ず事態は沈静化した。政治的な交渉の末にレバノン人とイスラエル人の捕虜の交換が行われ決してそれが全面戦争に繋がることはなかった。ゲームの範囲内の駆け引きであるとさえ言われていた。それが今回はまったく違った展開を見せている。(天木直人)(2006/07/25)

    米・イランの代理戦争の様相 イスラエルの「旧式思考」は自己破壊的 ポール・ロジャーズ
     【openDemocracy特約】シリアとイランが間接的に関与していようといまいと、レバノンで起きていることは米国とイランの間の代理戦争に発展しはじめたというのが現実である。それは、事態が少なくとも米国からどのように見えるかということである。米国のはっきりしたメッセージは、イランが真の問題であり、イスラエルがイランの代理人であるヒズボラをレバノンの国境で活動不能にし、さらに壊滅させるのは妥当であるというものである。(2006/07/23)

    「眠れない、家に帰して」と子どもたち 食事はパンと缶詰、衛生状態も悪く ベイルート避難所の声
      【ベイルート22日=IRIN】シーア派民兵ヒズボラがイスラエル兵を拉致したことへの報復としてイスラエルが7月12日からレバノン攻撃を始めて以来、レバノンでは少なくとも50万人が家を捨てて避難している。イスラエルの攻撃は激化、地上軍の攻撃も恐れられており、避難民の数は今後も激増する可能性がある。戦乱によって家を追われ、さまざまな困難に直面している避難民の声をベイルートの避難所で集めた。(2006/07/23)

  • 2006/07/22 


  • がれきの町は医師、看護師とも足りず 被害者の多くは民間人 空爆受けたベイルート南郊
      【ベイルート21日=IRIN】イスラエルの最初のミサイルの衝撃の後、ベイルート南郊ハレットヒレイク地区のサレ病院の看護師ナデイン・ヌハ・アルディンさん(48)は、ベッドから放り出されて泣き叫び声を上げる孫娘を抱き締めた。破壊されたアパートのがれきをかき分け、アルディンさんはただちに負傷者の治療のために病院に向かった。「最初の攻撃以来、14人の負傷者がこの病院に運ばれた。何とか治療をしようとしたが、数人は別の病院に転送せざるを得なかった」とアルディンさんは話す。ハレットヒレイク地区は人口密集地区で、1週間にわたるイスラエルの攻撃で破壊された。(2006/07/22)

  • 2006/07/20 


  • 中東全体に拡大の恐れ 重くのしかかる敗北の記憶 イスラエル国防軍 ポール・ロジャーズ
     【openDemocracy特約】ヒズボラが、イスラエルの脆弱性を実証して十分な政治的進展を達成したと判断しない限り、ヒズボラは引き下がりそうにない。仮にヒズボラがそうしても、イスラエル国防軍は自制しないであろう。1980年代の敗北の記憶は、イスラエルの軍幹部将校の心に重く、苦い重荷になっている。それが現在の危機が非常に危険で、地域全体に拡大する可能性のあるひとつの理由である。(2006/07/19)







    広告

    広告

    広告

    広告

    広告





    Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
    よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要