広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
トランプ対バイデン2回目
アダムの言語を
なぜ「チェーザレ」を描
オード・ピコーと鳥飼茜
Proud Mary
「中曽根氏への弔意」
給付金再支給を否定
対面授業が半数未満の
NHK、テレビ設置の届
雇用700万人増


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
検証・メディア
文化
政治
アフリカ
農と食
生活
人類の当面する基本問題
アジア
核・原子力
米国
みる・よむ・きく
コラム
国際
遺伝子組み換え/ゲノム編集
社会
イスラエル/パレスチナ
欧州
市民活動
反戦・平和
教育
橋本勝の21世紀風刺絵日記
難民
環境
医療/健康
中国
中東
関生反弾圧市民情報センター
憲法


提携・契約メディア
AIニュース
労働情報
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2020年10月24日
2020年10月23日
2020年10月22日
2020年10月21日
2020年10月19日
2020年10月18日
2020年10月17日
2020年10月16日
2020年10月15日
2020年10月14日







パトリス・マニグリエ(哲学者)Patrice Maniglier (philosophe) ©Pauline Bernard  パリの高等師範学校卒業。現在、パリ第10大学(ナンテール大学)で哲学の講座を受け持っている。市民運動の「立ち上がる夜」(NuitDebout)に参加するなど、広場に出て行動する哲学者でもある。


昨年春に出版されたマニグリエ氏の新著「La philosophie qui se fait」(成長する哲学)。マニグリエ氏が哲学に対する考えを述べた544ページにわたるインタビューの大著である。


マニグリエ氏(共著)「フーコーが映画館に行く」。ナンテール大学の哲学の講座では映画をよく素材にしているという。本書はミシェル・フーコーが(映画論の本は出さなかったものの)生前、映画をどう論じていたかを記したもの。


翻訳者、村上良太が2018年に出版したルポ。パリの共和国広場で2016年に行われた市民運動「立ち上がる夜」。毎日千人以上の人々が集まり、初対面同士でも様々な討論を繰り広げ、今後の社会のあり方を論じ合った。パトリス・マニグリエ氏も哲学者として参加した。参加者たちを取材した本書にはマニグリエ氏のインタビューも収録されています。社会評論社刊。320ページ。




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要