広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
「保守ビジネス」
籠池理事長と維新
「犯罪捜査のため」は暴論
下地議員の家族企業
事実は小説より奇なり
「口利きの顛末」を報告
交渉記録の保存期間
崖っぷち「安倍政権」
野田「妻は1人で電車」
鍵は官邸内のメカニズム


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
欧州
アフリカ
みる・よむ・きく
コラム
核・原子力
米国
政治
アジア
文化
TPP/脱グローバリゼーション
橋本勝の21世紀風刺絵日記
農と食
国際
中国
反戦・平和
市民活動
教育
遺伝子組み換え/クローン食品
社会
人権/反差別/司法
医療/健康
東日本大震災
イスラエル/パレスチナ
環境
農と食
沖縄/日米安保/米軍再編
検証・メディア
福島から
ITフロント


提携・契約メディア
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2017年03月28日
2017年03月27日
2017年03月26日
2017年03月25日
2017年03月24日
2017年03月23日
2017年03月22日
2017年03月21日
2017年03月20日
2017年03月19日







15年ぶりに再訪したブータン王国。人口は70万人程度。人口の90%以上が農民だ。アジア国際銀行の2011年の調査では、一人一日2ドル未満で暮らす貧民層は推定17万人、人口の25%を占め、国際連合の基準では最貧国に分類されている。しかし果たしてこの国は本当に”最貧国”であろうか?


寺参りに来た女性たち。女性は、巻きスカートと襟元が日本の着物に似ており、カラフルで美しい。これが公式の衣装で、仕事に行くときも皆このスタイルである。そしてブータン人の顔は日本人に似通っている。


ブータンの主な宗教はチベット仏教である。マニ車を回す私。マニ車はチベット仏教で用いられる仏具である。側面にはマントラが刻まれている。


高校教職員組合退職者の会の方々と一緒に年に一度「アジアの旅」を続けている。今回はブータン王国。


ブータンの犬たち「街に出た、そこには沢山の野良犬がいた、どこに行っても犬がいる、その全ての犬がのんびり寝ている、人間が通っても全く気にしていない、遠慮も媚びもない。」


ブータンの犬「ブータンでは皮膚病の犬が見当たらない。目の周りは濃いアイラインを引いたようなチベット犬だった。きれいな犬たちだ。私はこの子たちに、この国の人たちがどのように接しているのか即座に理解できたし、空気や水、食べ物を含めこの国の自然や環境がどうなっているのかもすぐに推測できた。」


訊いてみると15年後の今も相変わらず屠殺禁止で、国民のほとんどが菜食であった。この点を含めこの国にほれ込む理由はいくつもある、ブータンは国土のうち森林面積は65%を超え、むしろ増加しているようだ。近隣諸国が開発という名目のもとに、どんどん自然を破壊していくのを見てブータンはそれをしないと決めたのである。


宇崎喜代美さん(左)。元国際線のスチュワーデス。夫の宇崎真氏は日本の通信社を退社後、バンコクに移住して映像ジャーナリズムの取材を独自に行うようになった。




広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要