広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
「女を買いたい」と外出を
『Sorry We Missed You』
「慰安婦」報道めぐり
「バンコクナイツ」
自民党の右旋回の背景
中野晃一インタビュー
戦争で取り戻す
教員不足3つの理由
“大学無償化法”では
櫻井よしこ氏が会見


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
橋本勝の21世紀風刺絵日記
中国
コラム
みる・よむ・きく
人権/反差別/司法
市民活動
文化
沖縄/日米安保
アフリカ
関生反弾圧市民情報センター
欧州
外国人労働者
遺伝子組み換え/ゲノム編集
政治
農と食
社会
スポーツ
憲法
検証・メディア
労働問題
移民大国ニッポン
教育
中東
国際
核・原子力
司法
医療/健康
アジア
地域
環境
反戦・平和
韓国


提携・契約メディア
AIニュース
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2019年05月22日
2019年05月21日
2019年05月20日
2019年05月19日
2019年05月18日
2019年05月17日
2019年05月16日
2019年05月15日
2019年05月13日
2019年05月12日







来月に行われる国会議員選挙にアミアンから立候補するフランソワ・リュファン氏(ジャーナリスト、ドキュメンタリー映画監督)「彼らは金を持っているが、僕らには人がいる!」


リュファン氏の選挙対策本部。勢いを増す国民戦線に、そして新興勢力として台頭しつつあるマクロン大統領の「En Marche!」らと激しい闘いが予想される。選挙本部の人々は昨年、リュファン氏の映画がきっかけで起こった「立ち上がる夜」(Nuitdebout)という運動に共鳴して参加した人が少なくない。Preparation in Picardiedebout ,Amiens.


24歳のとき、アミアンに腰を据えて「Fakir」という3か月に1回発行のジャーナリズム誌を創刊して18年になる。現在は隔月発行。アミアンでは工場空洞化やリストラが20年来続いてきたため、報じるだけでなく、このメディアを舞台に労働者たちとともに闘ってきた。François Ruffin,journalist and founder of " Fakir " magazine. He also directed a documentary film " Merci Patron !" and it received Cesar Award in 2017.




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要