広告


menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
政治
難民
国際
文化
入管
アジア
コラム
欧州
中東
スポーツ
医療/健康
核・原子力
みる・よむ・きく
農と食
労働問題
憲法
教育
人類の当面する基本問題
検証・メディア
普天間問題
イスラエル/パレスチナ
環境
反戦・平和
外国人労働者


提携・契約メディア
AIニュース
NNN
労働情報
司法
マニラ新聞
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2024年06月19日
2024年06月18日
2024年06月15日
2024年06月13日
2024年06月11日
2024年06月10日
2024年06月08日
2024年06月07日
2024年06月05日
2024年06月04日







近代劇の父、ヘンリク・イプセン(1828‐1906) ©Julius Cornelius Schaarwächter


イプセン作『人形の家』女性を一人の人間として見ることのなかった家父長制社会に一石を投じた衝撃作。


アーサー・ミラー作『セールスマンの死』父の考えるアメリカンドリームを息子は良いと思わなかった。戦後の米演劇を代表する親子の葛藤の劇。


レジナルド・ローズ作『十二人の怒れる男』


木下順二の『山脈』も日本における近代劇への取り組みである


英国のアーノルド・ウェスカー作『キッチン』戦後英国の代表的戯曲の1つ。厨房の喧噪の中で、対立葛藤する若者たちの心の叫びが描かれる。




広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要