広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
Bach Brandenburg 4
総理官邸に居座る面々
菅・竹中会談の真意
菅義偉首相はやれば
Magnificat BWV 243
新学期・操行ゼロ
展覧会の絵
ロラン・パルト:記号と倫
POPEYE
Betty Boop


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
アフリカ
検証・メディア
コラム
農と食
みる・よむ・きく
アジア
教育
環境
遺伝子組み換え/ゲノム編集
欧州
国際
医療/健康
橋本勝の21世紀風刺絵日記
核・原子力
社会
文化
中国
政治
中東
生活
反戦・平和
関生反弾圧市民情報センター
米国
憲法
市民活動
難民


提携・契約メディア
AIニュース
労働情報
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2020年09月25日
2020年09月24日
2020年09月23日
2020年09月22日
2020年09月21日
2020年09月20日
2020年09月19日
2020年09月18日
2020年09月17日
2020年09月16日







作家トイフさんの祖母を主人公のモデルにした漫画シリーズ「Finnele」。第一次大戦を背景にトイフさんの生まれ故郷アルザス地方を舞台にしている。これは2014年に出版された第一巻。丁度、第一次大戦の開戦から100年目の年だった。この表紙画もよく見ると主人公の後ろの建物の屋根が爆破されて煙を噴出している。


漫画家のアンヌ・トイフさん(Anne Teuf , dessinatrice)現在、「Finnele」の三巻目を執筆中。


「Finnele」のシリーズはトイフさんにとって台本から作画まで一貫して作った最初の漫画となった。これは昨年出版された第二巻。後ろでは復興のために家を建てている。


主人公はFinneleというニックネームを持つ少女。アンヌ・トイフさんの祖母がモデルになっている。これは彼女の家族。みな特徴のある靴を履いている。家族が暮らすアルザス地方はドイツとフランスの国境地帯に位置したため歴史的にそれぞれの国に何度も併合されてきた。そして現在もドイツ語に近いアルザス方言を話す人が存在すると言う。


通常はカラーで漫画やイラストを描くことが多いが、「Finnele」では白黒にした。白黒作品で描いてみると、楽に描けたという。


家具や食器など当時のアルザス地方の生活を再現している


「Finnele」から。戦争の惨禍。


爆撃音におびえる馬をあやすFinnele


欧州の平原をゆくFinnele.


第一次大戦は日本人にはあまり理解されていないが、欧州で甚大な悲惨を生み、20世紀初頭に欧州文明の危機を訴える批評が生まれた。そして難民の世紀の始まりを告げることにもなった。


漫画家のアンヌ・トイフさんは日本の漫画も多数読んできた。中でも手塚治虫は世界の漫画の教皇のような作家だという。




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要