広告
広告

menu
xml feed
2020年
1112
木曜日



橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
除外の宇野重規氏
Victoria Volkova
「夫を捨てたい」
Harris' full speech
Biden's first speech
オバマ演説とは
BREAKING Biden
Trump's dance
Beethoven 5 & 6
大阪都構想、再び否決


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
難民
政治
市民活動
人類の当面する基本問題
米国
コラム
欧州
検証・メディア
アフリカ
農と食
反戦・平和
国際
みる・よむ・きく
文化
生活
アジア
核・原子力
遺伝子組み換え/ゲノム編集
社会
イスラエル/パレスチナ
教育
橋本勝の21世紀風刺絵日記
環境
医療/健康
中国
中東
関生反弾圧市民情報センター


提携・契約メディア
AIニュース
労働情報
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


噂の真相


Time Line
2020年11月12日
2020年11月11日
2020年11月10日
2020年11月09日
2020年11月08日
2020年11月07日
2020年11月06日
2020年11月05日
2020年11月04日
2020年11月03日



News & Features
2020/11/12 14:46:20 更新

難民
日本の入国管理制度はどこへ向かうのか〜入管法改正案を考える〜
 国連人権理事会・恣意的拘禁作業部会から、日本政府に対して「日本の入国管理制度は国際人権規約に反する」旨の見解が示されたのが9月末。当初は現在開催されている臨時国会で入管法改正の議論がされると見られていたが,恣意的拘禁作業部会からの見解を受けてか、今臨時国会における改正案の提出は見送られる公算が大きくなった。(岩本裕之)(2020/11/12 14:46)



政治
‶分裂畫忙瀁匹社民党の存在意義を訴える 臨時党大会の立憲民主党との合流協議控え
 社民党は14日の臨時党大会で立憲民主党との合流問題を協議するが、党の”分裂”阻止に力を尽くしてきた各府県連合及び党員が動画「社民党がいます」を作成した。発言者らは、小さな政党ではあるが平和、労働、人権、環境、市民活動などで社会民主主義の理念の実現をめざしてきた同党を存続すべきだと訴えている。https://www.youtube.com/watch?v=4BiKgN0MQUg(2020/11/12 14:33)



コロナ禍、食料があふれて値下がりしているのに飢えが拡がる現実をどう読み解いたらいいのだろう  大野和興
 新型コロナウイルスはこの世に積み重なった諸々をあぶりだしました。都市と農村、食と農という境目に視座をおいて、その諸々の来し方行き方を考えて見たいと思います。(2020/11/10 21:46)



市民活動
政権による日本学術会議人事介入への抗議広がる〜総がかり行動が街頭行動を予定
日本学術会議の新会員任命拒否問題、国会では野党の追及に対してまともに答弁できない菅首相の姿が露わになっている。大学関係者や各学会からも批判の声が噴出する中、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」は11月12日、この問題を中心に据えた街頭行動を(新宿駅西口・小田急百貨店前。18時開始)予定している。同行動には立憲野党や「安保法制に反対する学者の会」も参加予定で、市民によるリレートークなども行われる。(2020/11/10 21:35)



人類の当面する基本問題
(30)新コロナウイルスによる感染者数・死亡者数 実数はまだ不明─2 抗体検査・抗原検査・集団免疫 落合栄一郎
 先に(注1)、この問題、すなわち感染者数・死亡者数の実態の不明確さについて議論したが、主としてPCR検査による感染者数値にもとづく公式発表についてであった。感染したかどうかについて、別の検証の仕方がある。一つは、ウイルスについている抗原なるものの検出─抗原検査。もう一つは、ウイルスへの抗体が体内にすでにあるかどうかの検証(抗体検査)である。(2020/11/09 09:54)



米国
ジョー・バイデン候補(民主党)が第46代米大統領に選出される  〜 歴史に学んだことが勝因〜
大接戦だった米大統領選ですが、バイデン候補(民主党)がトランプ大統領を破って第46代米大統領に選出されました。トランプ陣営が選挙方法をめぐって法廷闘争をしていますが、NBCやCNN、CBSなど米主要メディアがすでにバイデン候補の勝利を報じています。今回の米大統領選はCOVID-19の最中の異例の選挙で、しかも、その影響下で警官に黒人が殺される事件を契機に、黒人の人権を尊重せよ、というBLM運動が広がりました。COVID-19のための経営危機でまっさきに解雇される黒人たちの不満が爆発しかけました。この経験は米国民にはデジャビュ的なものでした。(2020/11/08 13:33)



コラム
<追分だより>:いまの日本を考える「小さな声」の数々 信州の市民ら、芥川賞作家、被曝者、南米の世界一貧しい大統領から
 この便りが発信されている同じ長野の佐久市民ら約100人が、国際反戦デーに「子どもたちに平和な未来を残そう」と訴えた。主催のピースアクションは菅首相の学術会議への介入を「平和でないと自由は確保できない」と批判、作家の平野啓一郎さんは菅首相は「独裁国家の権力者気取り」とツイート。核兵器禁止条約の発効確定を「夢みた瞬間」と喜ぶ被爆者たち。そして「世界一貧しい大統領」南米ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカ上院議員は、日本の大学生の質問に「日本は確かに裕福な国だ。ただ…」と答えた。いまの日本をどう見るかを考える「小さな声」が多数紹介されている。(2020/11/08 00:08)



欧州
イタリア現代史ミステリー 第一弾「イラリア・アルピの死」(その9)〜チャオ!イタリア通信
 現在でも、イラリアの最後のインタビュー映像を見ることができる。場所は家の中。映像では、右側にボゴール氏、左側にイラリアの後ろ姿が見える。ボゴール氏の背景には、水色の壁とモザイク状になった窓があり、そこから地中海の乾いた太陽の日が差し込んでいる。ボゴール氏は白いシャツを着て、短い髪とあごひげに白髪が混じった60代ぐらいの男性だ。イラリアは水色のシャツを着て、薄いピンク色のシュシュで髪の毛を束ねている。(サトウ・ノリコ=イタリア在住)(2020/11/07 18:19)



米国
波乱を呼んだ2000年の米大統領選で敗れたアル・ゴア氏が「法的に有効な投票はすべて数えよう。民衆の意志に従おう」
 2020年の米大統領選は非常な接戦で、しかも郵便投票の多くがバイデン候補への投票のため敗色濃くなってきたトランプ大統領が法廷闘争まで起こす結果となっている。このことは20年前の大統領選を思い出させる。NBCは当事者だった民主党元大統領候補アル・ゴアにインタビューした。ゴアは「今回は20年前と異なっている。バイデンは勝利を確実にする道を複数保持している」と語り、「だが一番大切な原則は法的に有効な投票はすべて数えること。そして民衆の意志に従うことだ」と語った。(2020/11/07 01:10)



検証・メディア
ZOOMが検閲 大学のイベントをシャットダウン、FacebookやYouTubeも介入
米国でZOOMからFB、Yotubeまで関与しての検閲が起きています。以下、訳しました。日本では報じられていない?バズフィードの記事もありますが、日本語版にはないと思う。大学の学問の自由とかこの国でも話題ですが、検閲は政権からだけ来るのではなく、IT関連の民間企業からも来るということを如実に示した例といえます。(小倉利丸)(2020/11/06 00:00)



欧州
イタリア現代史ミステリー 第一弾「イラリア・アルピの死」(その8)〜チャオ!イタリア通信
 違法な有害廃棄物や放射性廃棄物の処理や武器売買に関しては、物的証拠はないものの、かなり真実味のある証言が残っている。マルコ・ザガネッリという獣医が1987年から1990年にソマリア滞在中にイタリア空軍の飛行機がボサソに武器を下ろしているのを見たと証言している。ザガネッリ氏はソマリアの大学に行った関係で、その後ソマリアやアフリカに滞在し、イタリアのソマリアへの経済援助が始まると、農業関係の援助活動に関わっていた。ボサソは港だけでなく、小型飛行機が着陸できる立地でもあったのだ。(サトウ・ノリコ=イタリア在住)(2020/11/05 22:39)



アフリカ
【西サハラ最新情報】  「サラー西サハラ難民アスリート」出版のご案内  平田伊都子
「サラー西サハラ難民アスリート」が、2020年11月末に出版予定で〜す! 2019年10月11日、アハメド・ラハビーブ西サハラ難民政府青年スポーツ大臣から、西サハラ難民アスリートの推薦状が届きました。 オリンピックに参加する方法がないか?という、問い合わせです。 推薦された難民アスリートは、アマイダン・サラーといいます。 日刊べリタで6月3日から8月14日にかけて登場したあのサラーです。そして、彼のスポーツ歴を調べていくうちに、このアスリートこそ、西サハラの受難と独立への悲願を分かりやすく伝えることができると確信し、大野和興編集長のご協力を得て日刊べリタに「サラー 西サハラ難民アスリート」を連載しました。 そしてサラー物語を一冊の本にまとめました。 荒筋をご紹介します。(2020/11/05 15:00)



農と食
スイス 危険農薬を輸出禁止へ  
 スイス政府は10月14日、すでにスイスで禁止されている5種類の禁止農薬(アトラジン、ジアフェンチロン、メチダチオン、パラカン、プロフェノフォス)と、それらを含む農薬の輸出禁止に関する法律改正を承認したと発表した。この改正は、2021年1月1日より施行されるという。政府の発表によると、スイスで生産される農薬を輸入している発展途上国や新興国の人びとの健康と環境保護への支援が目的だとしている。(有機農業ニュースクリップ)(2020/11/03 21:01)



農と食
欧州委員会 農薬規制を強化 禁止農薬の輸出禁止へ
 欧州委員会は10月14日、「有害物質のない環境に向けた持続可能な化学物質戦略」を採択した。消費者製品における最も有害な化学物質の使用や禁止や、有機フッ素化合物(PFAS)などの難分解性物質を含む最も有害な化学物質について、その使用が社会にとって不可欠な証明がなされない限り段階的に排除するとしている。(有機農業ニュースクリップ)(2020/11/03 20:54)



検証・メディア
菅義偉、ニュースウオッチ9で言いたい放題  Bark at Illusions
 NHKのニュースウオッチ9(20/10/26)に出演した菅義偉総理大臣は、日本学術会議の会員人事で政府に批判的な立場の6名の会員候補者の任命を拒否している問題について、言いたい放題、持論を展開した。(2020/11/03 20:44)



反戦・平和
「敵基地攻撃能力」保有反対!〜市民団体によるネット署名開始
安倍前首相が退任直前の談話で検討を促した敵基地攻撃能力保有の必要性。憲法が定めた専守防衛に違反するのではないかとする懸念の声も上がる中、談話では「年内に結論をまとめる」ことが求められている。これに対し、個人・団体により結成された「STOP敵基地攻撃能力アクション」が、活動の一環としてネット署名「米軍と一体化した先制攻撃に道を開く『敵基地攻撃能力』保有に反対します」を開始している。<署名サイト(Change.org)>http://chng.it/wF8ZB58mVg(2020/11/02 12:00)



欧州
フランスで始まった2回目の自宅閉じこもり令  書店は開けるべきだとパリ市長のアンヌ・イダルゴ氏
欧州を新型コロナウイルスの第二派が襲い、マクロン大統領は集中治療室を確保するために3月に続いて、二回目の自宅閉じこもりの命令を出しました。期間は10月30日から12月1日までのほぼ1か月。小中学校などは通学が認められるなど、前回よりも多少、規制が緩くなってはいますが、しかし、閉鎖を求められた飲食店などは経営が苦しくなっています。観光産業もダメージです。フランスのニュースを見ていると、前回と今回の違いがいろいろ書かれていて興味深いものがあります。(2020/11/01 19:41)


米国
マイケル・ムーア監督曰く、バイデンのリードは半分に割り引いてみるのが正しい 「世論調査でトランプ支持の数字は常に低めに出てくる」
ミシガン州と言えば米大統領選の鍵を握る「中西部」の1つで、ドキュメンタリー映画監督のマイケル・ムーアの郷里でもある。大統領選の運動の最終ラウンドで、トランプ大統領もバイデン候補も中西部を回っていると報じられている。(2020/10/31 22:20)




もっと見る



Berita Info

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要About us


  最近の人気記事


■コロナ禍、食料があふれて値下がりしているのに飢えが拡がる現実をどう読み解いたらいいのだろう  大野和興

■政権による日本学術会議人事介入への抗議広がる〜総がかり行動が街頭行動を予定

■ジョー・バイデン候補(民主党)が第46代米大統領に選出される  〜 歴史に学んだことが勝因〜

■<追分だより>:いまの日本を考える「小さな声」の数々 信州の市民ら、芥川賞作家、被曝者、南米の世界一貧しい大統領から

■波乱を呼んだ2000年の米大統領選で敗れたアル・ゴア氏が「法的に有効な投票はすべて数えよう。民衆の意志に従おう」

■ZOOMが検閲 大学のイベントをシャットダウン、FacebookやYouTubeも介入