広告
広告

menu
xml feed
2020年
107
水曜日



橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
'André Bazin's Da
ANA、希望退職を募集
「ファッションの終わり」
高田賢三の死
マイケル・ロンズデイル
菅首相に放送業界の人々が
Virtual Concert
加藤陽子氏コメント
「首相は法律知らずイン
Trump Returns


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
コラム
政治
農と食
米国
欧州
検証・メディア
国際
文化
みる・よむ・きく
反戦・平和
教育
橋本勝の21世紀風刺絵日記
難民
アフリカ
アジア
環境
遺伝子組み換え/ゲノム編集
医療/健康
核・原子力
社会
中国
中東
生活
関生反弾圧市民情報センター
憲法
市民活動


提携・契約メディア
AIニュース
労働情報
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


噂の真相


Time Line
2020年10月07日
2020年10月06日
2020年10月05日
2020年10月04日
2020年10月03日
2020年10月02日
2020年10月01日
2020年09月30日
2020年09月29日
2020年09月28日



News & Features
2020/10/07 21:10:22 更新

コラム
ほんとうの「学問の自由」とは〜日本学術会議、日本芸術院、文化勲章は必要なのか  内野光子(うちのみつこ):歌人
首相が学術会議人事に介入したとして、騒動になっている。日本学術会議が新会員候補者として105人推薦したところ、6名の任命が拒否されたというのである。従来は、内閣総理大臣の任命は、形式的なものとして運用されていた。拒否された6人は、いずれも現政府の意に沿わない発言や活動を続けている人たちである。政府が、研究者の萎縮を狙っていることは確かなのだが、学術会議が首相に提出した要望書は以下の通りで、10月3日にホームページで公開された。(2020/10/07 21:10)



政治
菅政権の日本学術会議人事への権力介入で演劇人も反対声明
演劇人も声明を出しました。(大野和興)(2020/10/07 15:09)



政治
「日本学術会議の会員任命拒否は国際人権条約違反」 国際人権団体ヒューマンライツ・ナウが声明
 東京に本部を置く国際人権団体が菅政権の日本学術会議への人事介入は憲法を含む日本の法だけでなく、日本の批准する国際人権条約の社会権規約13条が定める学問の自由を含む教育を受ける権利の侵害であるとの声明を出しました。(2020/10/07 14:58)



コラム
パンケーキおじいさんと赤い靴
パンケーキが好きなおじいさん、というとあんぱんまんみたいな身近なヒーローで、かつ、可愛いイメージです。童謡の「マザー・グース」やエドワード・リアの「ナンセンスの絵本」に出てきそうです。間違っても本気で戦争の準備をしたり、学問の統制を試みたり、問題を矮小化したりするような人間の印象はありません。大衆が好感を持ってくれるアイコンになりそうです。こんな替え歌が浮かんできました。(2020/10/07 14:07)



学術会議任命拒否問題〜広がる抗議の声、菅首相の母校・法政大学総長によるメッセージ発表など
日本学術会議会員の任命拒否問題を受け、10月3日に続き、6日にも首相官邸前に多くの市民が集まり、「学問の自由を守れ」の声をあげた。市民による抗議の声が広がる中、菅首相の母校でもある法政大学の田中優子総長が、5日に総長メッセージ「日本学術会議会員任命拒否に関して」を発表。憲法が保障する学問の自由の侵害に繋がりかねない今回の事態に警鐘を鳴らしている。以下にメッセージ全文を掲載する。(2020/10/06 22:10)



政治
菅政権の学術会議介入は「令和の滝川事件」 教育史学会が抗議の声明
 教育史学会が日本学術会議への永瀬池の政治的介入に抗議し、推薦者全員の即時任命を要求する声明をだしました。声明は、1933 年に文部大臣が滝川幸辰京都帝国大学教授を「赤化教授」との評判に基づいて休職処分とした事件を引き、「令和の滝川事件」と命名しています。(大野和興)(2020/10/06 21:34)



政治
菅政権の学術会議権力介入に日本映像学会が緊急声明
 日本映像学会が、日本学術会議会員推薦者の任命拒否に関する抗議声明を出しました。「菅首相による今般の任命の拒否は学問の自由を侵害するおそれのある明らかな政治的介入です」と声明は述べています。(大野和興)(2020/10/06 21:26)



日本学術会議への人事介入を強行した菅政権〜市民団体が官邸前抗議を実施〜
 10月1日、発足から1ヶ月足らずの菅政権が、学者の国会とも言われる日本学術会議の新会員候補6名の任命を拒否したことについて、各界から批判の声が相次いでいる。これについて、立憲民主党の枝野代表は4日、任命拒否は「明確な違法行為だ」として、菅首相に国会で説明責任を果たすよう強く求めている。(藤ヶ谷魁)(2020/10/06 21:25)



政治
【声明】このままいくと市民活動にも波及する  菅政権の学術会議への権力介入に日本消費者連盟が撤回を求める
 消費者問題で幅広い活動を展開する非営利活動法人日本消費者連盟が6日、菅政権が行った日本学術会議に対する権力介入に抗議し、撤回を求める声明を出した。声明は菅政権の今回の行いは違法であると同時に、憲法でうたわれている「学問の自由」や「言論・表現の自由」を侵害するものであり、時の政権を批判するものへの見せしめしとして、市民団体の活動にも波及すると指摘。民主主義に対する権力の挑戦であると批判している。(大野和興)(2020/10/06 13:48)



コラム
スガ政権の学術会議人事介入問題、論点をすり替えてはならない。 澤藤統一郎(さわふじとういちろう):弁護士
スガ政権は、日本学術会議が推薦した新会員候補6名の採用を拒否した。これは、一大事件である。個々の被推薦者にしてみれば、「研究内容による思想差別」であり「政府批判発言による差別」であるが、大局を見れば「学術会議の独立性の侵害」であり、とりもなおさず「学問の自由の侵害」にほかならない。その本質は「権力による科学や研究の統制」なのだ。こういう権力の動きには敏感に反応し反撃しないと、少しずつ「自由の陣地」が狭められて、気が付いたときには取り返しのつかないことになる。いつか来た道のように、である。こういうときには、必ず親体制派・親政権派のデマゴーグが頭をもたげる。「過剰反応だ」「騒ぐほどのことはない」と言い、さらに必死になって「論点すりかえ」を試みる。(2020/10/06 13:12)



イタリア現代史ミステリー 第一弾「イラリア・アルピの死」(その5)〜チャオ!イタリア通信
 マロッキーノ氏は、この事件について取り調べを受けることは全くなかった。現場に駆け付けた最初のイタリア人であるにも関わらずである。さらに、事件の5日前である3月15日には、マロッキーノ氏の家で夕食会が開かれ、イタリア当局の者や、イタリア人記者たちが招待されていた。(サトウ・ノリコ=イタリア在住)(2020/10/05 15:32)



コラム
新聞記事における識者のコメントでなぜ特定の著名人ばかり登場するのか?
新聞記事で記者たちが識者にコメントを求める際、どう見ても、特定の著名人に集中する傾向があるように思われる。たとえば、フランス文学とかフランスの哲学や法哲学などの方面でも、常々登場するのはせいぜい10人程度ではなかろうか。大学でフランス語を通した研究や哲学に携わっている人々が日本にいったい何人存在するのだろう。准教授や様々な教員まで射程に入れると、数百人には上るのではなかろうか。それないも関わらず、特定の人々の意見ばかり新聞が取り上げるのは、それがプロセス上、楽であり、それらの識者が言いそうな内容が事前に想定できる予定調和性にある、と言えると思う。そうした新聞記者の都合は理解できる。(2020/10/05 14:54)



農と食
ブラジル 農薬ロビーの激しい巻き返しをはねのけパラコート禁止を維持
 ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)は9月15日、9月22日に発効が迫っている除草剤パラコート禁止を維持したという。ブラジルでは、2017年にパラコートの禁止決定後、農薬ロビーや生産者による激しいキャンペーンが展開されたが、ブラジル国家衛生監督庁理事会は3対2の僅差で延期を認めず、当初の決定を維持した。これにより、パラコートは一週間後の9月22日から禁止されることになったという。農薬企業の甘言で、多くの農民がパラコートを購入しているという。(有機農業ニュースクリップ)(2020/10/05 14:05)



米国
PBSがボブ・ウッドワード記者にインタビュー  トランプ政権を描いた最新刊「Rage(憤り)」
米大統領選挙の投票まで1か月。佳境にさしかかり、現職大統領がCOVID-19に感染する、という波乱ぶくみの展開。9月にウォーターゲイト事件の報道で知られるワシントンポスト紙のボブ・ウッドワード記者が新刊を出しました。タイトルは「Rage(憤り)」です。中身はトランプ政権です。COVID-19が流行する政権の後半に軸があります。この本につき、公共放送のPBSが著者へのインタビューを行っています。(2020/10/05 11:52)



みる・よむ・きく
許紀霖の好著『普遍的価値を求める 中国現代思想の新潮流 』(法政大学出版局、2020年)を批判的に検討する 岩田昌征(いわたまさゆき):千葉大学名誉教授 
許紀霖著『普遍的価値を求める 中国現代思想の新潮流 』(中島隆博/王前監訳、法政大学出版局、2020年・令和2年)を一読した。 私=岩田は、本書を全面的に評価する上で必要な現代中国思想界についても、社会思想一般についても貧弱な知識しか持ち合わせていない。従って、本書を一読して異和を感じた所だけを論ず。(2020/10/04 20:21)



政治
マスコミ関連労組、菅政権の日本学術会議新会員任命除外を撤回せよと抗議声明
 新聞、テレビなどメディア関連の労働組合で構成してる日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)は10月3日、菅政権が強行しようとしている日本学術会議会員の任命除外の撤回を求める声明を発表しました。(大野和興)(2020/10/04 15:16)



政治
菅義偉首相は秋田で農業をやったらどうか    苦労人を自称する政治家は地方の庶民の生活と向き合うべきだ
菅義偉首相は秋田の農家のせがれだったとか、苦学生だったとか、麻生元首相や安倍前首相らのような政治家一家の出身とは違う育ちであることが記事で強調されています。しかし、それは格差社会を肯定する新自由主義者であることを隠す煙幕に過ぎないと思えます。政治家としてこれまでやってきたことは安倍前首相や竹中元経済大臣ら新自由主義の政治家と同じ歩みをしてきた、というに尽きます。(2020/10/04 13:23)



欧州
ドイツ通信第161号  新型コロナ感染の中でドイツはどう変わるのか(9)  T・K生:ドイツ在住  
9月10日以降のドイツのコロナ感染者数は連日1,700〜1,900 人前後で推移し、他の諸国と比べてはるかに少ない数値を示しています。そのドイツで、なぜ〈反コロナ規制〉運動が起きるのか? これまでにもドイツのコロナ対策は成果を上げてきているではないか? とEU諸国の理解できないところです。そんな話が聞かれるなか、9月30日夜7時のTV定時ニュースで、イタリアでも同じような運動が起きているのが報じられていました。それ以上の詳しい状況は、これまでまだつかめていません。それに続いて9月5日(土)にオーストリアでも同様な集会とデモが行われ、参加者の1人が持っていた寛容と許容、そして同性権を象徴する「虹の旗」がもぎ取られ、引き裂かれ、集会参加者から拍手喝采されたと伝えられています。(注)(2020/10/04 13:06)




もっと見る



Berita Info

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要About us


  最近の人気記事


■イタリア現代史ミステリー 第一弾「イラリア・アルピの死」(その5)〜チャオ!イタリア通信

■新聞記事における識者のコメントでなぜ特定の著名人ばかり登場するのか?

■マスコミ関連労組、菅政権の日本学術会議新会員任命除外を撤回せよと抗議声明

■菅義偉首相は秋田で農業をやったらどうか    苦労人を自称する政治家は地方の庶民の生活と向き合うべきだ

■ドイツ通信第161号  新型コロナ感染の中でドイツはどう変わるのか(9)  T・K生:ドイツ在住  

■トランプ大統領は側近の女性(ホープ・ヒックス氏)が感染しているのを知りつつ、水曜日に大統領機で同乗させていた  Democracy Now!の報道

■キャンペーン「菅首相に日本学術会議会員任命拒否の撤回を求めます!」

■学術会議への政治介入、突出する読売新聞の軽視報道 政府との‶共犯瓩泙燭

■絵画展「靉光と同時代の仲間たち」    リベラル21

■敵基地攻撃能力の保有により、日本は再び戦争加害国になってしまうのか〜市民団体が緊急院内集会を開催〜

■ジャック・ベッケル監督「肉体の冠」(Casque d'or , 1952)