広告


menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
いま、そこにある恐怖
結婚に向けた気運醸成
契約社員も裁量労働に
緊急事態条項巡り
森友音声データ否定
首相、元TBS記者と
エンゲル係数高水準
「大学自治への介入」
「棟上げに総理夫人」で
首相はずっと安倍さん


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
東日本大震災
市民活動
検証・メディア
橋本勝の21世紀風刺絵日記
国際
コラム
労働問題
アフリカ
中国
文化
みる・よむ・きく
反戦・平和
核・原子力
医療/健康
農と食
遺伝子組み換え/クローン食品
環境
人権/反差別/司法
米国
欧州
アジア
科学
韓国
政治
社会
農と食
中東
教育
地域
終わりなき水俣
沖縄/日米安保/米軍再編
移民大国ニッポン


提携・契約メディア
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2018年02月17日
2018年02月15日
2018年02月14日
2018年02月13日
2018年02月12日
2018年02月10日
2018年02月09日
2018年02月08日
2018年02月07日
2018年02月06日







原田理シェフ(向かって左)


東京の店を後輩に譲り群馬の嬬恋に移住した。今、ホテルで朝夕およそ600人の食事を提供


東京時代のぼく。自分がオーナーをつとめるフランス料理店Brasserie Bec(ベック)の前で。16歳でフランス料理の道へ。高校時代に辻静雄氏の肉料理の本に出会ったのがきっかけとなった。


愛妻との夕食に何を作るか。それが日々の課題。周りにレストランがないことを活かして


テリーヌとインゲン 「パリの空港のお土産屋さんでもフォワグラのテリーヌの缶詰は人気商品です。僕も修行時代はシェフに小突かれながら、徹底的に作り方を仕込まれた料理なので、やはり思い入れがあります」


フォワグラに舌鼓を打つ妻の瞳さん


フォワグラのソテー「通常はコクのある甘いソースを合わせるのが定番で、甘酸っぱいフルーツで仕立てることもよくあります。きれいに焼きあがったそれは、切ったときにとろりとして、口に運ぶと何とも言えない脂の風味と香りが口いっぱいに広がり、そのあとにすっと溶ける、はかないけれど濃厚な味は癖になってしまいます」


信州りんごとフォワグラ。「伝統的にはソーテルヌという極甘のワインを合わせることが多いですが、個人的には、舌をさっぱりと流せるシャルドネ種のぶどうを使った白ワインを合わせることが多いです」


通勤の道は緑の並木道




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要