広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
高須クリニック院長
「いくらなら買える」 
「AI兵器」の危うさ 
反人種主義デモ
NAFTA再交渉
メディア訴訟にまた敗北
最上階に“豪華パーティー
海外旅行格差から
尾を引く「自己責任論」
自衛隊に宇宙部隊も


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
中国
アフリカ
コラム
市民活動
東日本大震災
橋本勝の21世紀風刺絵日記
反戦・平和
国際
農と食
文化
米国
社会
環境
核・原子力
教育
みる・よむ・きく
北朝鮮
遺伝子組み換え/クローン食品
政治
人権/反差別/司法
労働問題
検証・メディア
医療/健康
TPP/脱グローバリゼーション
欧州
沖縄/日米安保/米軍再編
農と食
歴史を検証する
ITフロント
イスラエル/パレスチナ


提携・契約メディア
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2017年08月23日
2017年08月22日
2017年08月21日
2017年08月20日
2017年08月19日
2017年08月18日
2017年08月17日
2017年08月16日
2017年08月15日
2017年08月14日







五十嵐輝昭総料理長(向かって右)と原田理シェフ。東京の店を後輩に譲り、7年前、ふとしたきっかけで群馬県・嬬恋村のホテルを訪れた。その時出会ったのが五十嵐総料理長だった。そして今年7月、五十嵐氏の退任で総料理長を引き継ぐことになった。


嬬恋村の夕焼け。7年前、一からの再出発が群馬県・嬬恋で始まった。


嬬恋村は車がなくてはコンビニに行くこともできない


ホテルでは朝夕およそ600人の食事を提供。隣は五十嵐総料理長(当時)


五十嵐総料理長のもとで作ったイノシシを使った宴会料理。猪半頭の鶏のムースとファルス詰め 塩釜パイ包み焼き。


料理の前で五十嵐輝昭総料理長(当時・左端)、弟(左から2人目)らと記念写真。一番右は宴会主任の滝澤浩太郎さん


五十嵐輝昭総料理長(当時・右)と僕。「お前はオレと一緒だ。街場の小さなレストラン出身でフランス料理が生きがい。まっすぐに料理を作り、ただその日のお客様の満足のことしか考えていない。荒削りだが、鍛えれば伸びしろがまだまだある」と五十嵐氏。


高原にあり冷涼な嬬恋は日本一のキャベツの出荷量を誇る。「嬬恋は日本のアルザスだ」が五十嵐氏の持論で、土地のキャベツを生かした料理にも取り組んできた。


結婚式もキャベツ畑で行った。


五十嵐総料理長への感謝を込めた、今年夏の記念写真。


通勤の道は緑の並木道。これから新しいページが始まろうとしている。




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要