広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
オリンピック組織委員会
新書座談会
台湾また断交
「日本の空気見直す時期」
「銀」まだ足りない
「神格化」は始まるのか
総統、NASA訪問 
トルコ、米国をWTOに
対中関税「第3弾」
情報公開法とは


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
中国
検証・メディア
文化
教育
コラム
アジア
みる・よむ・きく
市民活動
アフリカ
橋本勝の21世紀風刺絵日記
農と食
社会
国際
ビルマ民主化
核・原子力
環境
遺伝子組み換え/ゲノム編集
イスラエル/パレスチナ
移民大国ニッポン
人権/反差別/司法
反戦・平和
沖縄/日米安保
司法
TPP/脱グローバリゼーション
政治
東日本大震災
地域
終わりなき水俣
労働問題
安倍政権を検証する
科学
医療/健康
ITフロント
朝鮮半島地殻変動 南北首脳会談


提携・契約メディア
司法
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2018年08月21日
2018年08月20日
2018年08月19日
2018年08月18日
2018年08月17日
2018年08月16日
2018年08月15日
2018年08月14日
2018年08月13日
2018年08月12日







原田理シェフ(向かって左)東京の店を後輩に譲り群馬の嬬恋に移住。現在、ホテルの副総料理長


真鯛を調理中。我が家で魚料理を作るときは丸ごと調理が基本です。丸ごとを皆で分ける、サーブするといった料理は記憶に長く残りますし、食卓に載せた時のインパクトも大きいです。


真鯛の塩釜焼きを調理中。内臓を取り除いた鯛の腹にたっぷりのハーブを詰め、あら塩と小麦粉などで作った生地で包んでオーブンで焼きます。


真鯛と野菜のココット。今回はアスパラガスも使用した。野菜とバター、ブイヨンで作った煮込みに、焼色を付けた真鯛を入れ、蓋をして鯛にしっとりと火が入るまで加熱。野菜と鯛の身のしっとりとした優しい味わいの中に、焼き目の香ばしさが広がる。


オマール海老。フランス料理店において魚介料理といえば、真鯛やスズキ、平目などの白身魚やオマール海老や帆立貝などがよくお目にかかる料理です。オマールは我が家ではだいたいクリスマスでしょうか。


オマール海老のマンゴーソース。これはレストランで出しているもの。


ホウボウのアクアパッツァ。にんにく、トマト、アサリとたっぷりの白ワイン、オリーブオイルで勢いよく加熱したアクアパッツァ。イタリアの名物料理




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要