広告
広告

menu
xml feed
2020年
48
水曜日



橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
マスク2枚で給付金ゼロ
非常勤講師に賃金補償を
生産国で食料輸出制限開始
ロックダウン権限を政府
軽症者ホテル受け入れ
ドケチ政権、消費税ゼ
れいわ新選組の緊急提言
補償がなければ外出して
「緊急事態宣言」あす
新型コロナウイルスで


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
文化
政治
アフリカ
みる・よむ・きく
コラム
医療/健康
農と食
橋本勝の21世紀風刺絵日記
検証・メディア
国際
欧州
教育
アジア
地域
人権/反差別/司法
市民活動
TPP/脱グローバリゼーション
スポーツ
移民大国ニッポン
遺伝子組み換え/ゲノム編集
司法
環境
外国人労働者
社会
核・原子力
歴史を検証する
沖縄/日米安保
中国
関生反弾圧市民情報センター
反戦・平和


提携・契約メディア
AIニュース
労働情報
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


噂の真相


Time Line
2020年04月08日
2020年04月07日
2020年04月06日
2020年04月05日
2020年04月04日
2020年04月03日
2020年04月02日
2020年04月01日
2020年03月31日
2020年03月30日



News & Features
2020/04/08 14:43:44 更新

文化
[核を詠う](299)塔短歌会・東北の『東日本大震災を詠む』から原子力詠を読む(2)「フクシマに残ると決めて父と行く立志伝なき一族の墓」 山崎芳彦
 前回に続いて、塔短歌会・東北が刊行した『733日目 東日本大震災から二年を詠む』の作品から、原子力詠を読ませていただく。大地震・巨大津波に加えて、福島第一原発の過酷事故による被災からの2年を、東北の歌人たちがどのように詠んだのか。それぞれの作品は、深刻な被災による、一様ではない環境、生活をどのような生きたかを、色濃く映した貴重な思い、詠嘆であり、作者の詠む思い、意図とともに、その作品を読む人びとの作品からの感受によって、「733日目」にとどまらない歴史的な意味を持つ短歌文学の一画をなすものといってよいと筆者は思って、読ませていただいている。その中から、筆者の読みによる原子力にかかわる作品を抄出させていただいている。読み違い、読みの浅さへのご寛容をお願いする毎回である。(2020/04/08 14:43)



政治
新型コロナウイルスが安倍政権を救う
新型コロナウイルスによって鳴り物入りで進めてきた東京五輪が延期となるなど、安倍政権にとってはダメージではないか、と見る向きもあるが、実際にはこの話題がメディアの最大の関心事となり、桜を見る会の追及は忘却の彼方に行ったかに見える今、最大に恩恵を被っているのは安倍首相その人であろう。(2020/04/08 14:03)



検証・メディア
ドケチ政府を批判 山本太郎氏「今回の緊急経済対策における真水は『たった16・7兆円』」
れいわ新選組の山本太郎氏は安倍政権を「ドケチ政府」と批判していますが、実際のところ、国民への要請ばかりで、暮らしを支える具体的な支援策の実感を国民の多くがつかむことができていない。山本太郎 住まいは権利!氏のツイッター「事業規模108兆円、とマスコミは煽るが、今回の緊急経済対策における真水は『たった16・7兆円』マスコミの方々、事業規模のみ伝える政権ヨイショ報道はやめて、世間に現実を知らせて下さい。(2020/04/08 10:49)



アフリカ
【西サハラ最新情報】  追悼ハッダドMINURSO担当西サハラ大使逝去  平田伊都子
 2020年4月1日、ムハマド・ハッダドMINURSOミヌルソ(国連西サハラ人民投票監視団)担当大使が急逝されました。 <長の患い>という死因が発表されました。が、2年前の4月3日に<長の患い>で急逝されたアハマド・ブハリ国連西サハラ代表大使と同様に、その死因に疑問が残ります。 お二人とも、国連を相手に大奮闘された真摯で優秀な外交官です。 悔やまれてなりません!(2020/04/07 15:05)



みる・よむ・きく
フランスの哲学者マチュー・ポット=ボンヌヴィル氏のエッセイ集「もう一度・・・やり直しのための思索」を刊行します
このたび、フランスの哲学者マチュー・ポット=ボンヌヴィル氏のエッセイ集「もう一度・・・やり直しのための思索」を刊行いたします。筆者は翻訳を行った者です。マチュー・ポット=ボンヌヴィル氏はフランスではミシェル・フーコーの研究者として著名です。現在、アマゾンで予約を受け付けています。新型コロナウイルスで世の中が混沌とした最中ですが、新しい時代の創造あるいは未来の再構築のための思索を本書は披露しています。絶望せず、粘り強くものごとを成し遂げるための方法序説です。大げさに思われるかもしれませんが1543年に種子島に鉄砲が入ってきた時のような西洋人の思索の力を感じました。(村上良太)(2020/04/07 10:15)



みる・よむ・きく
黒田恭一著「はじめてのクラシック」
 40年前、私が高校生だった頃はどの町のどの駅前にも1軒はレコード屋があったように思います。LPレコードだったり、SPレコードだったりと、CD化される前の時代に私はブラスバンド部で金管楽器を演奏していました。学校の授業が終わると、部活で楽器を演奏して、下校時間になると、駅前のレコード屋に必ず寄って、さまざまなクラシック音楽のLPレコードを手にするのが楽しみだったのです。お小遣いで買えるのはせいぜい月に1枚だったのですが、それを部活の友人の家に集まってレコードをみんなで持ち寄り、一緒に聞いて合評したり、同士で貸し借りして、テープに録音して聞いたこともありました。ある時はチャイコフスキーの交響曲4番だったり、ある時は、マーラーの交響曲9番だったり。しかし、今日、レコード屋はほとんど町から姿を消してしまいました。さらに何年か前、CDラジカセが壊れて以来、ぷっつり僕は音楽を聴くことがなくなっていました。(2020/04/07 06:33)



コラム
今週読んだ本 「山内マリコの美術館は一人で行く派展」  杉原静香(東京下町に暮らすウェブデザイナー) 
 新型コロナウイルスで、テレワークをしたり、自宅に引きこもったりしがちな昨今。美術館めぐりの好きな女性が思いをつづったものをご紹介いたします(編集部)  <「今週読んだ本」わたしも基本的には美術館は一人で行くのが好きです。でも誰かと行った時はまた良いもので、新しい視点に気づかされたりしますね。まず観て感じて、話して、また一人で観たら完璧かな・・・・(2020/04/06 15:10)



政治
志位和夫委員長「現金給付は、すべての国民を対象に1人10万円の給付金を緊急に支給することを求める」
新型コロナウイルスによってコンサートや上演活動の中止、あるいはレストランの休業や営業時間の短縮、さらには業務の取りやめなど、経済活動に支障が引き起こされています。政府は国民に様々な活動の自粛などを要請していますが、これに対する補償に関して一世帯当たり10万円とか、20万円とか、30万年とか、様々な数字が次々と出ましたが、同時に補償を受けられる対象者が全員ではない、という報道もあり、多くの人が困惑しています。そんな中、日本共産党の志位和夫衆院議員はツイッターで次のように述べました。(2020/04/06 14:54)



医療/健康
文明は人類の健康を増進したか? 新型コロナの欧米での猛威再考 落合栄一郎
 現在の先進国、就中アメリカの市民の健康状態を見ると、現在の文明は人々の健康を損ねているようにみえる。多くの人も、食事の内容、身体の動かし方などなどを通して現代文明が人々の健康にマイナスに作用していると感じているのではないだろうか。このように物資的、人工的で、身体の動かしかたの少なくなった現在の文明以前ではどうであったろうか。(2020/04/06 11:11)



みる・よむ・きく
「フランス語 動詞宝典 308(初・中級編)」と「フランス語 動詞宝典 466(中・上級編)」
いま、1年がかりで取り組んだフランスの哲学関係の翻訳の仕事が終わったばかりです。それで最近、コツコツ読んでいるのが久松健一著「フランス語 動詞宝典 308(初・中級編)」と「フランス語 動詞宝典 466(中・上級編)」の2冊。普通なら、こうした本は学生時代に暗記して、満を持して翻訳に取り組む・・・という順序が筋かもしれませんが、筆者の場合は真逆で、翻訳に取り組んでみてから、動詞の単語力倍増が今後の課題だと思わされた次第なのです。というのも辞書で引いた動詞の多くがこれら2冊に例文と活用表つきで掲載されていたからです。最初からこれをやっていたなら、辞書を引く必要もなかったのです。(2020/04/06 05:47)



農と食
ルクセンブルグとフィジーが今年末までにグリホサートと使用を禁止
 世界各国で発がん性が指摘される除草剤正文グリホサート禁止の動きが広まっている。ルクセンブルグとフィジーが20年末までに禁止を発表している。(有機農業ニュースクリップ)(2020/04/05 21:27)



橋本勝の21世紀風刺絵日記
344回 調査する、されないを権力の勝手にはさせません
国にとっては大変なことであるはずの 新型コロナウイルスの感染被害・・・・・・ だが安倍政権にとって幸いなことになるかもしれない 政権支持の大きなマイナスになりかねない あの森友疑惑の公文書改ざんの件だ(2020/04/05 21:20)



政治
「此頃都ニハヤル物」 ‶ネット落書瓩笑い飛ばす安倍首相のコロナ右往左往
 「此頃都ニハヤル物」で始まる「二条河原落書」。1334年に京都・鴨川のほとりに掲示された落書は、平安末期の流行歌謡・今様の形式で、後醍醐天皇による建武政権の世の中の混乱ぶりや不安定な世相を風刺たっぷりに描いた作者不詳の傑作である。さて、令和の時代、新型コロナに右往左往する安倍政権下ではどんな爛優奪藩扈餃瓩流れているか──。(2020/04/05 20:43)



米国
「パンデミック時にストライキする方法」 自身と社会の安全を求めて闘う米国労働者 小倉利丸
 新型肺炎コロナで米国は社会崩壊寸前といった報道が国内のメディアで氾濫しています。しかし、かの国の労働者は頑張っています。社会と自分たちのための安全な職場を要求しての山猫スト、安全といわれる幅をとってスタンディング、等々。以下、経済学者で社会活動家の小倉利丸さんがブログで報告するかの国の労働者の闘いです。(大野和興)(2020/04/04 14:51)



検証・メディア
「『報道の自由』守られていない」6割強 放送現場の「危機」浮かび上がる
 「現在の放送現場で『報道の自由』が守られていますか?――2月末から3月中ごろまでに放送現場で働く人たちなどを対象におこなった日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)の緊急アンケート調査(中間報告)で、6割を超える人たちが「守られていない」と回答、「危機」の深まりが浮かび上がっています。(福島清)(2020/04/04 14:44)



政治
来年こそは、放射能とコロナでおもてなしか 東京五輪は「中止」が「延期」になっただけ 入口紀男
 来年こそは、放射能とコロナでおもてなしか、それとも中止か 東京五輪が延期されて来年の 7月23日からとなりましたが、アスリートにとっては、「実施」が延期されたのか、それとも、「中止」が延期されたのかがよく分からないのではないでしょうか。私は後者(中止が延期された)になるだろうと思います。新型肺炎(COVID-19)の終息がここ何年先になるか、見通しが全く立たないからです。(2020/04/04 14:20)



検証・メディア
8割近くが将来に不安/女性の6割が「性差別ある」 新聞・通信社の働き方・将来性アンケート
 新聞労連が昨年10月から12月にかけて実施した「新聞・通信社の働き方・将来性に関する」アンケートで、産業、企業の将来性に大きな不安を抱えていることが明らかになりました。設問は多岐にわたっていますが、特徴的な結果に絞ってお伝えします。アンケート回答は。1236人(女性400人、男性807人、無回答など29人)。(福島清)(2020/04/03 18:06)



みる・よむ・きく
長期政権と遺書と道化と文化人類学  山口昌男著「道化の民俗学」を再読
 最近、高橋康也著「道化の文学」(中公新書)と、山口昌男著「道化の民俗学」の2冊の道化論を古書店で手に入れて読みました。いずれも20年以上前に読んだことのある研究でしたが、年号も変わった今日、再び読み返したくなりました。というのは、すなわち私たちの暮らしもまた、文化人類学の対象として興味深いものであろう気がするからです。二人の著者は、所属学会こそ異なれど、いずれも1970年代から90年代にかけて〜筆者が学生だった頃〜大きな支持を集めた研究者で、アプローチは違うもののいずれも道化に大きな関心を寄せていました。(2020/04/02 02:19)




もっと見る



Berita Info

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要About us


  最近の人気記事


■長期政権と遺書と道化と文化人類学  山口昌男著「道化の民俗学」を再読

■344回 調査する、されないを権力の勝手にはさせません

■「此頃都ニハヤル物」 ‶ネット落書瓩笑い飛ばす安倍首相のコロナ右往左往

■「パンデミック時にストライキする方法」 自身と社会の安全を求めて闘う米国労働者 小倉利丸

■来年こそは、放射能とコロナでおもてなしか 東京五輪は「中止」が「延期」になっただけ 入口紀男

■8割近くが将来に不安/女性の6割が「性差別ある」 新聞・通信社の働き方・将来性アンケート

■「誠意と理性をもって人命を救おう」 コロナ危機へのメルケル独首相の国民へのスピーチ全文

■子牛も牛肉も大暴落 利権だと批判された「お肉券」の背後にある現実 大野和興

■ミシェル・フーコー+渡辺守章著「哲学の舞台」(朝日出版社)

■東アジアは農薬のホットスポット 日本はトップ5

■ほんとにそうなの? 「穏健派」のバイデンと「急進左派」のサンダース  Bark at Illusions

■マスメディアが否定する制裁緩和こそが、朝鮮半島を非核化するためには必要だ  Bark at Illusions