広告
広告

menu
xml feed
2018年
422
日曜日



橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
消滅は時間の問題
収容ってなんですか?
「DAPPI」って?
農薬業界の内部文書を
語り始めた女性記者たち
安倍政治から脱却する
特ダネのために
セクハラ発言「乗り
種子法復活法案を提出
自動車市場の開放


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
中国
国際
反戦・平和
アフリカ
政治
検証・メディア
アジア
コラム
文化
橋本勝の21世紀風刺絵日記
みる・よむ・きく
東日本大震災
社会
農と食
韓国
核・原子力
環境
米国
遺伝子組み換え/クローン食品
人権/反差別/司法
TPP/脱グローバリゼーション
終わりなき水俣
沖縄/日米安保/米軍再編
移民大国ニッポン
市民活動
労働問題
医療/健康
欧州
科学
農と食


提携・契約メディア
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


噂の真相


Time Line
2018年04月22日
2018年04月21日
2018年04月20日
2018年04月19日
2018年04月18日
2018年04月17日
2018年04月16日
2018年04月15日
2018年04月14日
2018年04月13日



News & Features
2018/04/22 19:09:22 更新

人権/反差別/司法
反撃訴訟次回期日の傍聴をー4月26日(木)13時30分・415号法廷 ― 「DHCスラップ訴訟」を許さない・第129弾  澤藤統一郎(さわふじとういちろう):弁護士 
DHCと吉田嘉明が、私(澤藤)に6000万円を請求したスラップ訴訟。私がブログで吉田嘉明を痛烈に批判したことがよほど応えたようだ。人を見くびって、高額請求の訴訟提起で脅かせば、へなへなと萎縮して批判を差し控えるだろうと思い込んだのだ。そこで、「黙れ」という恫喝が、当初は2000万円のスラップ訴訟の提起。私が黙らずに、スラップ批判を始めたら、たちまち提訴の賠償額請求額が6000万円に跳ね上がった。なんと、理不尽な3倍増である。この経過自体が、言論封殺目的の提訴であることを雄弁に物語っているではないか。(2018/04/22 19:09)



中国
三十路女子の北京的生活(6)〜自転車大国復活!?
中国では現在、新たな時代の流れを象徴するものとして“新四大発明”と言われているものがあります。その中身は、まず一つ目は中国国内で今もどんどん増え続けている高速鉄道。二つ目はスマホ決済、三つ目はネットショッピング、四つ目はシェアサイクル(中国語で共享単車)です。今回は、日本でも注目を集めている中国のシェアサイクルについて、ご紹介したいと思います。(アキコ)(2018/04/22 14:17)



国際
トランプ大統領の苦難、莫大な予算法案に署名
3月25日付のThe Washington Post紙は、トランプ氏が議会予算案を巡る攻防に悩まされていると報じた。(ND米紙ウィークリーニュース第141号)(2018/04/22 11:47)



国際
対朝鮮政策で対米協調見直し 中国、台湾カードに猛反発
北朝鮮の核‣ミサイル開発問題をめぐり、中国の習近平政権が進めてきたトランプ政権との対米協調路線を見直し始めた。習政権に近い中国の有力学者が明らかにした。(岡田充『海峡両岸論 第89号』)(2018/04/22 11:38)



国際
空港建設計画を撤回した後、フランス政府は抵抗した人々のコミュニティの解体に乗り出した  フランス西部、ノートル=ダム=デ=ランドの闘争
フランスでは今、エマニュエル・マクロン大統領が率いる政府がある農民コミュニティを潰しにかかっている。その農民コミュニティはフランス西部に位置するNotre-Dame-des-Landes(ノートル=ダム=デ=ランド)にある。世界史を振り返ると、カトリックとプロテスタントの信者を和解させたアンリ4世の「ナント勅令」が発令されたナントがこの近くにある。実はここ、ノートル=ダム=デ=ランドで人々が今、政府と闘争しているのはそこが1960年代から空港建設予定地だったからだ。インターネットやニュースで知る限り、かなり大がかりな警察力が行使されている。現地を2度訪れ、事情に詳しい女性、ルイーズ・ムーラン氏に話を聞いた。ムーラン氏は空港建設に反対する農民たちを支援する一人だ。(2018/04/21 23:46)



反戦・平和
ノンフィクション作家の野添憲治さん逝く  岩垂 弘(いわだれひろし):ジャーナリスト
戦時下の中国人・朝鮮人強制連行問題を追及してきたノンフィクション作家の野添憲治さん(秋田県能代市)が4月8日に膵臓がんで亡くなった。83歳。同じく九州で朝鮮人強制連行問題を追及してきた記録作家、林えいだいさん(福岡県田川市)も昨年9月に83歳で亡くなっており、私たちは、強制連行問題に関する先達2人を相次いで失ったことになる。まことに残念である。(2018/04/21 22:12)



国際
金子勝教授「アベを外したおかげで、韓米中の外交努力で、北朝鮮が核実験・ICBM発射実験を中止し、核実験場廃棄を表明。とりあえず、緊張緩和に向かって一歩進む可能性が出てきた」
経済学者の金子勝教授は安倍首相の外交の成果をツイッターで次のように表現した。というか、「安倍外し」の成果のようだ。金子勝「【アベ外しの成果】「話し合いのための話し合いは無意味」と言い続けたアベを外したおかげで、韓米中の外交努力で、北朝鮮が核実験・ICBM発射実験を中止し、核実験場廃棄を表明。とりあえず、緊張緩和に向かって一歩進む可能性が出てきた。後戻りしないことを望む。」(2018/04/21 20:15)



国際
トランプ氏支援の英企業、政治家に妨害行為を示唆
3月19日付のThe New York Timesは、2016年の米大統領選で、トランプ氏の支援を行っていた英企業ケンブリッジ・アナリティカ社が、英国の「チャンネル4ニュース」のおとり調査で、政治家への妨害行為を行っていることが明らかになったと報じた。(ND米紙ウィークリーニュース第141号)(2018/04/21 00:55)



中国
海外メディアが中国の離婚率に注目、高まる女性の自立と変わる離婚観
結婚する際の「誓いの言葉」といえば、「生涯を共にし、貞節を誓う」というのがほとんどだろう。だが、多くの国家における離婚率の高さから見ると、夫婦の結婚の誓いと結婚後の実生活には極めて大きな隔たりがあることがわかる。これは、中国も例外ではない。(JCLIFセミマンスリーニュース)(2018/04/21 00:53)



アフリカ
【西サハラ最新情報】  国連は戦争を止められないのか?  平田伊都子
 米トランプ大統領、英メイ首相、仏マクロン大統領のシリア空爆は、結局、イスラエル首相ネタニヤフの一人勝ちをもたらしました。 トランプは「化学攻撃は人間のやることではない」、メイは「空爆は地域の緊張を脅かさない」、マクロンは「僕がトランプを説得し、米軍のシリア駐留と攻撃を呑ませた」などと、夫々が勝手な戦争感を並べました。 しかし、3首脳は、他国の主権を侵犯しこと、他国を破壊したこと、他国民の権利を踏みにじったことなど、負の戦争側面には一言も触れませんでした。 そりゃそうですよね、、白人3首脳はアフリカ人・アラブ人・アジア人など根っから眼中になく、馬鹿にしていますし、この3首脳は、平和ではなく戦争大好きのようです。  白人3首脳のみなさま、お部屋で戦争ゲームを楽しむより、戦場で自ら、人殺しをやられてはいかがですか?(2018/04/20 11:49)



政治
財務省「セクハラ発言」疑惑で野党合同ヒアリング (2018年4月18日)
福田次官の更迭が報道されたが、未だ解決には程遠い。(2018/04/20 11:16)



政治
財務次官辞任、テレ朝会見から一夜 セクハラ疑惑で野党合同ヒアリング  (2018年4月19日)
財務省事務次官によるセクハラ事件の野党合同ヒアリング。映像。まだ前次官はセクハラを認めていないし、謝罪もしていない。このことへの追及が入り口にある。(2018/04/20 11:11)



政治
都教委に大きな衝撃 ― 東京「君が代裁判」4次訴訟・控訴審判決  澤藤統一郎(さわふじとういちろう):弁護士  
本日(4月18日)13時15分。傍聴満席の東京高裁824号法廷で、第12民事部(杉原則彦裁判長)が、東京「君が代」裁判(4次訴訟)の判決を言い渡した。裁判長はボソボソと判決主文だけを読み上げて退廷した。1 1審原告らの本件各控訴、及び1審被告の本件控訴をいずれも棄却する。2 1審原告らの控訴費用は1審原告らの、1審被告の控訴費用は1審被告の各負担とする。この間、20秒足らず。あっけなく控訴審は終わった。(2018/04/19 22:22)



政治
教育現場不当介入問題  野党合同ヒアリング   2018年4月18日
民進党提供(2018/04/19 20:36)



政治
「イラク日報隠ぺい疑惑」 野党合同ヒアリング 2018年4月19日
「イラク日報隠ぺい疑惑」 小西洋之参院議員(民進党)「シビリアンコントロールの再教育をしてください。その計画を出してください」(2018/04/19 20:29)



検証・メディア
「イラク日報」問題の深層人道復興支援「成功」のフェイクニュース メディアは今こそ再検証を
  自衛隊のイラク日報をめぐる連日の報道には、重要な点が抜け落ちている。自衛隊が「非戦闘地域」とは言えないような状況に置かれていた事実を指摘しながら、ではなぜ、政府の主張する「イラクの人びとのための人道支援活動」に対して砲撃が相次いだのか、何者が自衛隊への敵対行動を展開したのかという疑問を解明しようという姿勢は見られない。小泉政権が憲法をねじ曲げてまで強行した自衛隊による「国際貢献」とは何だったのかを再検証し、私たちはこの経験から何を学び取るべきかを考えるために、この問題点から焦点をそらしてはならないだろう。(永井浩)(2018/04/19 12:23)



政治
ポスト安倍時代を考える  自民党内リベラル派に未来はあるのか 岸田文雄政調会長と宏池会について中野晃一教授(政治学)に聞く
昨年10月の総選挙の際、リベラル派の集結が政界再編の大きなテーマになった時、自民党内のリベラル派である宏池会がどう動くかが注目された。現在の宏池会の会長が岸田文雄政調会長である。岸田氏は残念ながら動きを見せず、安倍政権を追認するのみに見えた。自民党の次期政権、あるいは政界の次代を考えた時に自民党内の「リベラル勢力」をどう見るか、ということは野党第一党の立憲民主党の行方ともども興味深い点だ。政治学者の中野晃一教授(上智大学)はポスト安倍時代をどう見ているのだろうか。自民党の宏池会に焦点を当ててお聞きした。(2018/04/18 22:12)



アジア
朝鮮半島非核化と東アジア  現在そしてこれからをどうみるか  大野和興
 急速な展開を見せる朝鮮半島の動きをどうみるか。3月31日、都内で「どうなる、東アジアの安全保障―北朝鮮問題や米中覇権争いをめぐってー」と題する国際シンポジウムが開かれた。市民の立場からの外交を提唱するNGP「新外交イニシアティブ(ND)」が主催したものだ。中国、韓国、米国、オーストラリア、日本の論者がそれぞれの分析を示し、議論をたたかわせた。NDシンポでの論議を軸に、現局面の意味をいくつかの側面から見ていく。視点と枠組みを変えることで、見えるものも違ってくる。ここでは、アジアの民衆の視点、という軸足を定め、より長い時間軸をとり、空間的広がりも見据えながら考えてみたい。(2018/04/18 16:21)




もっと見る



Berita Info

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要About us


  最近の人気記事


■都教委に大きな衝撃 ― 東京「君が代裁判」4次訴訟・控訴審判決  澤藤統一郎(さわふじとういちろう):弁護士  

■「安倍は歴代の首相でもっとも愚か。論理的能力に欠ける。バカほど恐ろしいものはない」という言論に違法はない。  澤藤統一郎(さわふじとういちろう):弁護士 

■安倍は歴代の首相でもっとも愚か。論理的に考える能力が著しく欠ける。バカほど恐ろしいことはない。金子勝(立教大学特任教授)のスピーチ 2018年4月14日

■ポスト安倍時代を考える  自民党内リベラル派に未来はあるのか 岸田文雄政調会長と宏池会について中野晃一教授(政治学)に聞く

■朝鮮半島非核化と東アジア  現在そしてこれからをどうみるか  大野和興

■米英仏がシリアを攻撃   記者会見では本当にシリア軍が化学兵器を使った証拠があるのか?というのが記者たちが最も関心を持っている質問だった

■加計学園「首相案件」問題 野党合同ヒアリング 2018年4月13日

■教育現場不当介入問題  野党合同ヒアリング   2018年4月18日

■志位和夫(共産党) 米英仏のシリア攻撃につき「事実の検証もなく、国連の授権もない軍事攻撃は、国連憲章違反」

■中沢けい(作家)「大規模な集会がある時は『決壊』なんて言わずに最初から国会前の車道を開放すればいい」

■森友学園公文書改ざん問題の真相解明を求める国会前緊急大抗議行動 2018年4月14日

■シナリオ1 安倍首相の危機突破作戦に中国との戦争の可能性はないか?

■まっとうな政治を取り戻すための市民集会 4月14日 14:00〜17:00 国会議事堂正門前

■アメリカに見切りをつけられた政治家、安倍晋三

■布施祐仁(ジャーナリスト)「自民党の国会議員から『日報を情報公開の対象から外せ』という趣旨の発言が多数出ていること自体が・・・」

■中米貿易摩擦が深刻化する可能性は?中国が3つの立場を明確に

■304回 アベちゃんは日本で一番の愛国者

■福田財務次官はもし女性記者がおっぱいを触らせてくれたら彼女に何をあげたのか?

■シリア、北朝鮮めぐるトランプ米大統領の底意 ネオコンとは一線画す 落合栄一郎

■安倍晋三記念博物館の建設を  政治家の嘘を永久保存して未来の世代に

■『タクシー運転手 約束は海を越えて』 キャンドル革命につながる今 笠原眞弓

■ドキュメンタリー映画『種子―みんなのもの?それとも企業の所有物?』 ラテンアメリカの農民・先住民族による種子を守り、次世代に受け継ぐための取り組みを描く

■アベノミクスと放送局  2013年、株価上昇に放送局員も沸いた 

■TV番組制作プロダクション群の沈黙の5年

■緊急市民集会「中国・北朝鮮脅威論を超えて」に300人参加

■教員の労働の実態は、残業代ゼロ・裁量労働制の先行形態だ  青木茂雄(あおきしげお):元都立高校教員

■中野晃一氏「『備忘録』ねえ。打ち合わせや会合の出席者、他部署や外部団体などと共有したものは普通『議事録』って言いませんかね?・・」 ツイッターから

■『イエス、会いました』 森ゆうこ議員のツイッターから

■済州島「四・三事件」 のどかなこの島で70年前に虐殺があった。  澤藤統一郎(さわふじとういちろう)弁護士

■加計学園「首相案件」問題  野党合同ヒアリング  2018年4月10日