広告
広告

menu
xml feed
2017年
1023
月曜日



橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
民進解体のA級戦犯
35%の投票所で時間短縮
“最大80議席減”
「宿題未提出」解散
枝野氏「すごい反応」
安倍首相“接待”番組
マルタ記者爆殺も不屈
自民の補完勢力なら離党
長谷部恭男教授が指摘
首相「こんな人たち」に


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
農と食
アフリカ
政治
文化
コラム
検証・メディア
中国
国際
橋本勝の21世紀風刺絵日記
市民活動
移民大国ニッポン
沖縄/日米安保/米軍再編
社会
国際
人権/反差別/司法
アジア
反戦・平和
欧州
遺伝子組み換え/クローン食品
北朝鮮
核・原子力
みる・よむ・きく
福島から
ITフロント
韓国
終わりなき水俣
東日本大震災
米国
環境
教育
労働問題
医療/健康


提携・契約メディア
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


噂の真相


Time Line
2017年10月23日
2017年10月22日
2017年10月21日
2017年10月20日
2017年10月19日
2017年10月18日
2017年10月17日
2017年10月16日
2017年10月15日
2017年10月14日



News & Features
2017/10/23 16:05:47 更新

農と食
米国 アイスクリーム大手ベン&ジェリーズがアイス原料をグリホサート・フリーにすると宣言
 日本にも出店している米国のアイスクリームメーカーのベン&ジェリーズは、2020年までに原料を発がん性が指摘されてしる除草剤成分グリホサートを使わないグリコサート・フリーにすると発表した。同社のこの発表は、今年7月に有機消費者協会(Organic Consumers Association)が、同社の11製品をテストしたところ、10製品から最大1.74ppbのグリホサートの痕跡が見つかったとの発表受けたもの。これは、国際的な残留基準値のレベルからは十分に低いという。小麦とオート麦の収穫時のグリホサート散布が一番大きな原因としている。(有機農業ニュースクリップ)(2017/10/23 16:05)



アフリカ
【西サハラ最新情報】  ヨッ大統領!グレードアップした西サハラ国連チーム  平田伊都子
 「権威者は権威に弱い」 モロッコの最高権威者モハンマド裟す餡Δ聾汽疋ぅ掴∨大統領で国連事務総長西サハラ個人特使を、特使の要望通りに迎えました。 モロッコ最高権威者は、元アメリカ大使で前任の国連事務総長西サハラ個人特使を、5年半以上も謁見どころか、目もくれませんでした。 元ポルトガル首相で国連事務総長のアントニオ・グテーレス氏は、人道主義者でもあり巧妙な人操主義者でもあります。 「権威に弱い権威者」の虚栄心をよくご存じです。 正式就任後わずか一カ月、元ドイツ連邦大統領でホルスト・ケーラー国連事務総長西サハラ個人特使の初西サハラ地域視察成果にご注目!(2017/10/23 05:33)



政治
投票大作戦  まだ15分もある 
災害地域ではない場所に住む、多くの人は投票所まで15分あれば行けるはずです。まだ投票締め切りまで大丈夫でしょう。(2017/10/22 19:47)



政治
投票大作戦 「こんな天気に負けるわけにはいかない」
インターネットで投票大作戦が始まっているようだ。「こんな天気に負けるわけにはいかない」とどこかで聞いたようなフレーズが。投票締め切りまでまだ1時間、近所の投票所で投票するには余裕でしょう。(2017/10/22 19:10)



政治
庶民に好景気の実感がないのはアベノミクスが成功しているから
 マスメディアのアベノミクスについての評価は、大企業の業績は回復しているけれども一般庶民には景気回復の実感がない、ということでほぼ一致している。しかし庶民に景気回復の実感がないのは、アベノミクスが成功しているからこそではないだろうか。(Bark at Illusions)(2017/10/22 15:35)



文化
インターネットが美術を変える  海を隔てたコラボレーションの試み 東京・代田橋の画廊で展示中  A new challenge of artists in the time of Facebook ~ from an exhibition at an art gallery in Daitabashi,Tokyo ~
先日、日刊ベリタで「画家、ジャック・フレッシュミュラー氏、東京に現る  代田橋の画廊で共同展」という記事を書いた。フレッシュミュラー氏の展示会が東京で開かれたことを紹介したものだったが、展示会場の代田橋の画廊で出会った企画者の夫婦から、今回の展示会が少し新しいことに挑戦しているのだ、という話をうかがった。それが何かと言えば3人の画家の共同展なのだが、彼らは初顔合わせであり、それだけでなく、企画者たちとも初めての顔合わせなのだ、という。その経緯について、主催者たちから説明を受けた。それが以下の英文で、その下に付したのは拙訳である。(2017/10/22 13:48)



コラム
安倍首相 ありがとう そしてグッドバイ  〜特定秘密保護法強行採決からの4年間を振り返る〜
 4年前の11月末、国会(衆院)で特定秘密保護法の強行採決が行われた時に国会前にやってきてから、安倍首相の政治を今までにない緊張感を持って見てきた。そのおかげで日刊ベリタで時々に書いてきたが、民主主義について、政治について4年前とは比較にならないほど学ぶことができた。その意味で、安倍首相に「ありがとう」と言いたい。安倍首相がいなかったら、政治についても、民主主義についても、ジャーナリズムについても真剣に考えることがないまま人生を終えることになったかもしれないからだ。きっと僕のような人は少なくないに違いない。(村上良太)(2017/10/21 22:19)



コラム
選挙は策略や裏切りやだまし討ちではない 排除するための「合流」、臨時国会冒頭解散 日本の政治家はいつから卑怯になったのか 
 今回の国会解散は臨時国会の冒頭で、何一つ野党が要求した森友問題や加計学園への内閣の便宜供与疑惑に答えないまま安倍首相は解散を打ち、逃げの一手を使った。憲法に基づき、臨時国会開会の要求が野党から出されて3か月もしてこれである。国民の声に応じて国会の場で国政審査をするのは国会議員の使命だが、それを内閣は拒否したのだ。つまり、国民の信託を裏切った。(2017/10/21 16:10)



コラム
明日の投票次第で日本が戦争に巻き込まれる可能性がある 熊沢誠(甲南大学名誉教授 労使関係論) 
今さら言っても空しい気もするけれど、とくに若い世代はなぜかくも今の政権党支持が多いのか?? まぁよく考えていない(よくわからない)ので「空気を読んで」多数派に従っておくというのが真相だろうが、今の政権党内閣の政治にはなにひとついいところはない。若者たちは少なくとも戦争には反対のはずだろう。そこで考えてみる。今の情勢で戦争は起こりうるか? 北朝鮮のミサイル発射に対して暴走トランプは武力を行使する可能性がある。その際、安倍内閣は今まで通りトランプの選択を即時全面的に支持するだろう。(2017/10/21 15:34)



検証・メディア
消費税と社会保障:マスメディアで「言及しないほうがいい」と考えられていること
 安倍晋三総理大臣は、借金の返済に使っていた消費税の使い道を社会保障の充実に変更したいと言って衆議院を解散した。しかし消費税は、元々増税分を全て社会保障に使うはずではなかったのか。いつから借金の返済に充てられることになったのかと疑問に思う人も多いのではないか。また社会保障の財源について、いつも決まって消費税増税と結びつけられるのもおかしな話ではないだろうか。(Bark at Illusions)(2017/10/21 14:42)



文化
画家、ジャック・フレッシュミュラー氏、東京に現る  代田橋の画廊で共同展 Artist ,Jacques Flèchemuller visits Tokyo to hold an exhibition with two others from France
ジャック・フレッシュミュラー (Jacques Flechemuller)氏について本サイトで記事を出したのは丁度1年前の秋だった。フレッシュミュラー氏がパリのコリーヌ・ボネ画廊で個展を開いた時のことだ。その時はボネさんにインタビューをさせていただき、その原稿を訳して載せたのだが、今回はフレッシュミュラー氏ご自身が東京にやって来る、ということがあって、さっそく展示会場を訪ねた。(2017/10/21 02:25)



中国
中国軍越境し核管理のシナリオも 予想以上に進む米中協調関係
米朝チキンゲームは口先の「ののしり合い」から、米軍による北朝鮮への軍事攻撃という最悪のシナリオを想定すべき段階に入った。戦端が開かれれば、核戦争の危機が現実のものとなり、犠牲者は数百万人にも上るだろう。日本も埒外ではなく等閑視している場合ではない。戦争を防ぐための外交努力で注目されるのは米中ロ三国の役割。このうち米中では、有事シナリオに基づく軍事協力について具体的なすり合わせが始まった。米中協力は想像以上に進んでいると見なければならない。(岡田充『海峡両岸論 第83号』)(2017/10/20 19:13)



中国
外交部、朝鮮半島核問題の関係各国は相互刺激を避けるべき
中国外交部(外務省)の華春瑩報道官は、10月9日の定例記者会見で「朝鮮半島は現在、非常に複雑で厳しい情勢にある。中国側は関係各国が互いに刺激し合い、摩擦を激化させる言行を取らず、自制を保ち、慎重に事を運び、情勢の緩和に努力することを望む」と表明。(JCLIFセミマンスリーニュース)(2017/10/20 19:10)



国際
独極右勢力が伸長 メルケルとEUの命運握る
9月25日付のThe New York Times紙は、24日に投開票が行われたドイツ連邦議会選挙で、メルケル独首相率いる「ドイツキリスト教民主同盟(CDU)」が引き続き第一党となったものの、極右政党の「ドイツのための選択肢(AfD)」が議席を獲得し、結果として極右勢力の拡大が明らかとなったと報じた。(ND米紙ウィークリーニュース第129号)(2017/10/20 19:08)



政治
立憲民主党の政策を読む
立憲民主党・枝野幸男代表の演説が多くの人を惹きつけており、演説会は「・・・大作戦」と銘打たれてインターネットなどで拡散されている。選挙戦も終盤に入り、枝野陣営が投票前日の夕方(17時15分〜)「東京大作戦」と称して演説場所に選んだのは新宿駅南口バスタ前だった。立憲民主党によると、演説には1000人規模の聴衆が集まるために党の候補者のいる地域で、通行者が歩行もでき、安全も確保され、多くの人に耳を傾けてもらえる場所を選ぶのに苦労しているそうだ。21日のこの会場も最初は品川を想定していたそうだが、イベントがあることがわかり、急遽変更して新宿駅南口にしたのだという。(村上良太)(2017/10/20 12:06)



検証・メディア
政界再編に伴う新聞界の再編の必要性  欲しいのは数十万部規模の独立新聞
民進党が分裂して立憲民主党が飛び出し、破竹の勢いを生んでいる。その勢いの原動力は枝野党首が基盤とする「下からの政治」ということにある。官僚と財界と永田町の上からの論理から独立し、民衆の願いを実現する政党を目指す、と言っているのである。このことは昨今、複数の大手新聞社が安倍政権の夕食会に招かれて、政権の広報機関になってきたことと響き合うと言っていいだろう。また、これらの新聞社はグローバリズムに恩恵を受ける大企業群を広告主としている。こうした媒体の上から目線の新聞では描けない現実が広がっており、民衆は潜在的にこれではいけないと十分に感じている。(2017/10/20 05:14)



国際
トランプ国連演説へ 混迷極める中東情勢
9月18日付のThe New York Times紙は、今週トランプ大統領が国連での演説を前に、中東諸国、及びイスラエル―パレスチナ間の和平交渉にのぞんでいることを報じた。(ND米紙ウィークリーニュース第129号)(2017/10/19 11:35)



中国
習近平国家主席 米ティラーソン国務長官と会談
習近平国家主席は9月30日に北京の人民大会堂で、米国のティラーソン国務長官と会談した。(JCLIFセミマンスリーニュース)(2017/10/19 11:33)




もっと見る



Berita Info

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要About us


  最近の人気記事


■枝野幸男・立憲民進党党首の演説「民主主義の主役は皆さんです。当たり前の社会を取り戻しましょうよ」

■安倍晋三の対朝鮮政策はまちがっている 俎上に載せられているのは東アジアに住む私たちの生命

■自民党・安倍政権に恩を売った小池百合子都知事  戦後最も重要な選挙で野党共闘を粉砕し、最大野党を分断した歴史に名を残す裏の功績者

■民進党はどうなるのか? 民進党・参議院議員会長の小川敏夫氏に聞く

■インドが日本の新幹線を選んだ本当の理由

■福島みずほ氏「安倍首相は外遊時の財政援助の数字と内訳を明示し説明せよ」

■「未来のための公共」が立憲民主党に共産党との協力を促す それは立憲民主党候補にとってもプラスになる、と。

■岩上安身(IWJ代表)「まさか自らの手で検証も総括もせずにスルー、なんてことないよね?週刊文春」 あの人物が書いた「韓国軍に慰安婦」記事の信憑性に週刊新潮で疑惑がつきつけられる

■あと1週間 安倍のべそをかく顔を見よう  根本行雄

■戦後の北朝鮮にイスラム国が根付けば中国とロシアを液状化させることができる・・・米戦略に乗る前原党首と安倍総裁 副作用は日本も液状化

■293回 ファシズムは民主主義の選挙から生まれる

■ロヒンギャ武装勢力 ミャンマーとの闘争誓う

■中国の原発技術が先進国に輸出へ

■「国家戦略特別区域農業支援外国人受入事業 に関する指針(案)」に関する意見を提出しました

■連続セミナー:第6回 アジアにおける結婚移住女性(9/16)

■世界競争力報告が発表 中国は27位に上昇

■米国のユネスコ脱退宣言の裏にユネスコのパレスチナ国家承認があり 「ユネスコは反イスラエル」とイスラエルも批判 

■減り墜落炎上で高江区がヘリパットの全面停止を求める緊急決議  「住民の会」も抗議声明

■市民団体、森友・加計問題で財務省幹部を刑事告発へ

■レストランで注文と違った料理を出された時 

■《農業労働現場の実情》(上) 農業ブームの陰に隠された低所得・重労働・労災多発の世界 松平尚也

■10月20日夜、中国「一帯一路をどうとらえるか」をテーマに公開講座

■カイロの猫たちの記録( Cat in Cairo " The Beast ")  Heather Hermit 

■ロヒンギャ難民 新たな厳しい現実

■【核を詠う】(246)山崎啓子歌集『白南風』の原子力詠を読む「核持ち込みの密約隠され五十年被爆柿の木二世を増やす」  山崎芳彦

■石原慎太郎の枝野礼賛は小池「希望」への隠れた応援 そろそろ気がつこう  希望の面々は石原慎太郎の仲間たちだ

■露がPKFを要請  独は歓迎

■「(セクハラ・プロデューサーは)もちろん、一杯いますよ」 エマ・トンプソンも告白 ハリウッドプロデューサーのセクハラ問題 日本でも横行か

■自由権規約委員会、2014年日本報告審査以降のフォローアップ文書を9月8日に国連人権理事会に提出

■露がPKFを要請  独は歓迎