広告


menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
遺伝子組み換え/ゲノム編集
橋本勝の21世紀風刺絵日記
アジア
農と食
国際
アフリカ
人権/反差別/司法
欧州
検証・メディア
反戦・平和
社会
外国人労働者
文化
核・原子力
沖縄/日米安保
中東
労働問題
市民活動
中国
コラム
難民
米国
フェミニズム
みる・よむ・きく
環境
反貧困
人類の当面する基本問題
中南米


提携・契約メディア
AIニュース
労働情報
司法
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2021年04月11日
2021年04月10日
2021年04月09日
2021年04月08日
2021年04月06日
2021年04月05日
2021年04月04日
2021年04月03日
2021年04月02日
2021年04月01日







原田理シェフ。東京の店を後輩に譲り、7年前、群馬県・嬬恋村のホテルを訪れた。今年、総料理長に就任。


宴会料理長をしている橘利明氏(右)との2ショット


ソースペリグーとフォアグラの乗った上州産和牛ステーキ。ソースペリグーを橘シェフと何リットル作ったか、数知れない。


橘利明シェフ。現在、宴会料理部門の料理長をしている。計画を立てて緻密に遂行していくタイプの料理人である。


先代の五十嵐輝昭総料理長(当時・右)と僕。「お前はオレと一緒だ。街場の小さなレストラン出身でフランス料理が生きがい。まっすぐに料理を作り、ただその日のお客様の満足のことしか考えていない。荒削りだが、鍛えれば伸びしろがまだまだある」と五十嵐氏。




広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要