広告
広告

menu
xml feed
2018年
913
木曜日



橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
統計所得、過大に上昇
計算方法変更 GDP急伸
育休明けで非正規
教育公的支出は最低
白ブリーフ姿のアイコン
外交関係17カ国に
米軍、海外70基地を削減
岡口基一判事
世話焼き長屋
立教大学の書店


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
コラム
反戦・平和
環境
核・原子力
中国
国際
文化
労働問題
検証・メディア
橋本勝の21世紀風刺絵日記
みる・よむ・きく
中東
市民活動
司法
政治
農と食
社会
国際
地域
ITフロント
経済
東日本大震災
教育
アジア
アフリカ
ビルマ民主化
遺伝子組み換え/ゲノム編集
イスラエル/パレスチナ
移民大国ニッポン
人権/反差別/司法
沖縄/日米安保
TPP/脱グローバリゼーション
終わりなき水俣
安倍政権を検証する
科学


提携・契約メディア
司法
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


噂の真相


Time Line
2018年09月13日
2018年09月12日
2018年09月11日
2018年09月10日
2018年09月09日
2018年09月08日
2018年09月07日
2018年09月06日
2018年09月05日
2018年09月04日



News & Features
2018/09/13 22:15:03 更新

コラム
フランス、レジ袋禁止から2年 ~ トウモロコシやジャガイモなどを原料にした“レジ袋” が登場  ~ Ryoka ( 在仏 )
フランスで薄手のプラスチック製レジ袋の無料配布が禁止になったのは、2016年7月のこと。プラスチックごみが大半を占める海洋汚染は深刻で、エコロジストなどにとっては待ちに待った法律だった。あれから2年、法律は「レジ袋をできるだけ使わないようにしましょう」などというキャンペーンとは違って“無料配布の全面禁止”であり、いわゆる“レジ袋”は滅多に見かけなくなったが、素材や形が様々な代替品が出回るようになった。代替品の中で最も環境に配慮したものとして注目されているのが、トウモロコシやジャガイモなどを原料にした“レジ袋”だ。(2018/09/13 22:15)



反戦・平和
軍事研究と平和憲法ぁ峽鎧の司令塔」設置 矢倉久泰
 経団連は2013年5月、安倍政権が検討を進めていた「防衛計画の大綱」への提言を出しました。「わが国を取り巻く安全保障環境」として、北朝鮮におけるミサイル発射や核実験、中国の海洋進出の活発化、米国のアジア太平洋地域の重視政策を挙げ、防衛上の宇宙開発の推進や、サイバー攻撃への対処を求めました。そして、々眦戮糞蚕冦呂砲茲詬淹瀘呂伴律性の確保、⊃彗な調達と装備品の能力向上などの必要性を強調し、「官民のパートナーシップ」の確立を要請しました。(2018/09/13 11:09)



環境
プラスチック汚染世界動向 無関心だった日本政府も左右見ながら仕方なく動き出しそうな気配
 6月のG7サミットで採択された海洋プラスチック憲章が採択されたが、日本は米国とともに署名しなかった。日本のプラスチック汚染対策の立ち遅れが顕著になっているが、いくつか動きがでてきている。(有機農業ニュースクリップ)(2018/09/12 14:11)



核・原子力
「東海第二原発の再稼働に反対・老朽化原発の運転延長するな」―原子力市民委員会が声明 山崎芳彦
 日本原子力発電が東海第二原発(茨城県東海村)の再稼働をめざしているのに対して原子力規制委員会が「設置変更許可」の審査を終了し、近く安全審査合格の「審査書案」を確定することが見込まれている。同原発の運転延長・再稼働に反対する声が県内外で高まっていて、茨城県内の6割を超える自治体の議会で「延長運転」に反対する意見書が採択され、この動きは首都圏全体にも広がっている。9月2日に水戸市で開かれた東海第二原発の再稼働に反対する「東海原発再稼働STOP! 茨城県大集会」には県内外から約1000人が参加し、福島県南相馬市の桜井前市長も脱原発を呼びかけた。デモ行進では「東海第二の再稼働反対」、「老朽原発の廃炉」などを訴えた。さらに、県内各地で、東海第二原発に反対する集会、行動が続いている。(2018/09/12 14:03)



コラム
アメリカのジャーナリズムはニュージャーナリズムの旗手、トム・ウルフの死をどう報じたか  村上良太
今年5月に亡くなったアメリカの作家トム・ウルフはニュージャーナリズムの旗手として1970年代から80年代にかけて一世を風靡し、日本のノンフィクション界にも大きな影響を与えたと思われる。日本でもっとも知られたのは宇宙飛行士を扱った「ザ・ライト・スタッフ」だろうが、他にも「クール・クール LSD交感テスト」や「現代美術コテンパン」、「バウハウスからマイホームまで」など、たくさんのノンフィクションの話題作を書いており、さらに晩年は「虚栄のかがり火」などフィクションにも挑戦している。(2018/09/12 11:48)



反戦・平和
軍事研究と平和憲法「安全保障のために」ふくらむ予算 矢倉久泰
  平和憲法を掲げて戦争を放棄した日本は、二度と軍事に関わらないことを固く誓ったはずですが、このシリーズ´△埜てきたように、早くも1950年代から軍事産業が復活し、米軍の資金で軍事につながる研究をする大学教授も現われました。3回目は,梁海で、1990年代からの、ますます拡充する軍事研究の動向を報告します。(2018/09/12 09:44)



中国
中国自動車市場を評価し日本3大メーカーが生産力拡大
日本メディアの報道によると、トヨタ、ホンダ、日産の日本3大自動車メーカーがこのごろ、中国での増産投資計画のスタートを相次いで決定し、生産能力を拡大させ、中国市場でより多くのシェア獲得をねらっているという。(JCLIFセミマンスリーニュース)(2018/09/11 23:50)



国際
賛否両論のロシア浮体原発 次世代原発となり得るか?
8月26日付のThe New York Times紙は、ロシアが開発を進めている水上原子力発電所について報じた。(ND米紙ウィークリーニュース第153号)(2018/09/11 23:49)



文化
ニューヨークタイムズは大坂なおみ氏の勝利をこう伝えた " Pushing Japan to redefine Japanese " (彼女の優勝は日本に日本人の再定義を促す) 
 テニスの全米オープンの女子シングルスで優勝を飾った大坂なおみ選手について、ニューヨークタイムズは「日本に日本人の再定義を促す」ことになると伝えている。大坂なおみ選手の母親は日本人で、父親はハイチ系アメリカ人だからだ。" Pushing Japan to redefine Japanese " が見出しでほぼ1ページ近くに渡る大きな扱いだ。さらに小見出しはこうなっている。" U.S.Open winner helps challenge longstanding notions of racial purity " (全米オープンの優勝者は長年続いてきた単一民族という考え方を変えることに貢献する)。(2018/09/11 23:03)



労働問題
<武建一語り下ろし>関生型労働運動とは何か(3)生コン産業の産業構造と収奪の仕組み
 関生の闘いを理解していただくためには、生コン産業とはどういう産業かについてお話しなければなりません。生コンとは、練り合わせられてまだ固まっていないコンクリートのことですが、これは戦後生まれの産業です。生コン工場ができる前は、建設現場に水•セメント•砂•砂利をもっていって、それをスコップ混ぜ合わせるという工法でした。(構成:大野和興)(2018/09/11 15:21)


(2018/09/09 22:28)


国際
トランプ政権の虚実を見る必要があるのでは? 熊王信之(くまおうのぶゆき) 
マティス国防長官がトランプ大統領を小学校5年か6年生レベルの理解力しか無い、と酷評したとかしないとか、と書いてある処の件のボブ・ウッドワード(Bob Woodward)氏の新著がこの国でも、アマゾンで購入予約が可能ですし、ニューヨーク・タイムズ(NYT)のトランプ政権内部批判勢力に係る記事も云々されている処です。しかしながら、米国のマスコミの現状とその政治的立場を理解せずに、鵜呑みにするのは危険です。 即ち、米国ではマスコミの大半が民主党支持であり、その政治的立場から共和党とトランプ政権に対する批判は当然なのです。(2018/09/11 13:57)



検証・メディア
サルトルと新聞  創刊したリベラシオン紙の試行錯誤   村上良太
僕は高校生の時になかばドロップアウトしてしまった人間だから、まさかフランスの知識人について語る日が来るなどとは30年来思ったことがなかった。フランスの評論誌に日本の事情を寄稿してみたら、掲載が決まっただけでなく、非常に興味をもって読まれたと編集委員の一人から後で聞いた。その評論誌Les Temps Moderne誌は直訳すれば「現代」となるが、創刊したのはサルトルとボーヴォワールである。(2018/09/11 13:37)



橋本勝の21世紀風刺絵日記
321回 祝アベ3選!!
9月20日に自民党総裁選が行われます 対立候補として出るのは石破氏で 「正直」「公正」という言葉で安倍政治に 圧力をかけますが(2018/09/11 12:27)



コラム
9月1日は、「国恥の日」。  澤藤統一郎(さわふじとういちろう):弁護士
敗戦と平和を考える8月が去って、9月になった。本日は、個人的に「国恥の日」と名付ける9月1日。1923年の今日、関東地方をマグニチュード7.9の巨大地震が襲った。死者10万5千余といわれる、その甚大な被害はいたましい限りだが、震災は恥とも罪とも無縁である。3・11津波の被害を「天罰」と言った愚かで無責任な都知事がいたが、この言こそ不見識の極み。自然災害自体に可非難性はない。私が「国民的恥辱」「日本人として恥を知るべき」というのは、震災後の混乱のなかで日本人民衆の手によって行われた、在日朝鮮人に対する大量集団虐殺である。これは、まぎれもなく犯罪であり刑罰に値する行為。人倫に反すること著しい。その事実から目を背け、まともに責任を追求しようとせず、反省も、謝罪もしないままに95年を徒過したことを「国恥」といわざるを得ない。(2018/09/10 21:46)



文化
「マルクスは何故『資本論』を完成させなかったのか」  周回遅れの読書報告(その72)  脇野町善造(わきのまちぜんぞう) 
山口重克・平林千牧編『マルクス経済学・方法と理論』は、随分と昔になくなった日高普教授の還暦記念としてまとめられたものであるから、その古さが知れる。執筆者のなかには、渡邊寛、侘美光彦、杉浦克己ら、もう世を去った人達も少なくない。この記念論文集に、福留久大の「マルクス農業労働者論」という論文が収められている。その論文の176頁〜177頁に次のような文章がある。(2018/09/10 13:59)



反戦・平和
軍事研究と平和憲法◆(瞳海研究資金を提供 矢倉久泰
 「東大医など57件/研究援助/現在は計40万ドル」 1967年5月5日、朝日新聞朝刊は一面で米陸軍から日本の大学等に多額の研究資金が提供されていることを大きく報道しました。研究費は8年前から出ていたと記事は伝えていました。この報道は国民や学会に大きな衝撃を与えました。(2018/09/10 11:55)



反戦・平和
シリコンバレーの軍事協力にー石   グーグル従業員3000人、国防総省との提携に抗議声明   隅井孝雄(すみいたかお):ジャーナリスト    
 NYタイムズ紙はこのほど、IT大手企業グーグルで上級社員を含む3100人の社員が軍事技術の開発にかかわる政府との協力に抗議する声明にサインしたと伝えた。またネットニュースの「ギズモード」は、10数名のグーグル社員が抗議の意思を表明して辞職したとも伝えている。(2018/09/09 23:30)



文化
藤田嗣治あるいは戦争画の巨匠   髭 郁彦(ひげ いくひこ):記号学
彼女は頬杖をつきながら、一人カフェで手紙を書いている。大きなインク染みがある手紙。インク壺を倒したのか。苛立って文字を消したのか。どちらの予想も外れているだろう。何故なら彼女の表情は朧気で、視点は定まっていないからだ。片方の目はそこに、もう一方は向こう側に向けられている。いや、そうではない。この絵をしっかりと見つめると、彼女が斜視であることに私は気づいた。藤田嗣治が1949年に描いた「カフェ」という作品を、私は7月31日から10月8日まで東京都美術館で開催されている「藤田嗣治展」で初めて、実際に目の前で見た (「カフェ」には三つのバージョンがあるが、彼女の斜視が一番はっきりと判るものは今回展示された作品である)。この絵に描かれた彼女が斜視であったこと、それが藤田の戦争画に関する謎を説く一つの手がかりになるのではないか。(2018/09/09 22:28)




もっと見る



Berita Info

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告



Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要About us


  最近の人気記事


■9月1日は、「国恥の日」。  澤藤統一郎(さわふじとういちろう):弁護士

■シリコンバレーの軍事協力にー石   グーグル従業員3000人、国防総省との提携に抗議声明   隅井孝雄(すみいたかお):ジャーナリスト    

■藤田嗣治あるいは戦争画の巨匠   髭 郁彦(ひげ いくひこ):記号学

■国谷裕子著 「キャスターという仕事」  次はぜひ日刊ベリタでインタビューを

■<武建一語り下ろし>関生型労働運動とは何か(1)数えきれない弾圧、数えきれない闘い 今、関生型運動の存在の意味を問う

■川内博史衆院議員のつぶやき<不開示4連発。『それは、いくら何でも御容赦ください』は、こっちのセリフだ。> 森友学園問題の真相究明はいつ?

■ニューヨークタイムズは大坂なおみ氏の勝利をこう伝えた " Pushing Japan to redefine Japanese " (彼女の優勝は日本に日本人の再定義を促す) 

■トランプ政権の虚実を見る必要があるのでは? 熊王信之(くまおうのぶゆき) 

■「マルクスは何故『資本論』を完成させなかったのか」  周回遅れの読書報告(その72)  脇野町善造(わきのまちぜんぞう) 

■軍事研究と平和憲法◆(瞳海研究資金を提供 矢倉久泰

■矛盾だらけの「インド太平洋戦略」 行き詰まる日米機軸と中国包囲

■軍事研究と平和憲法 〃鎧産業の復活 矢倉久泰

■60歳以上の高齢者が中国で2億4千万人

■障害者雇用水増し問題  野党合同ヒアリング

■フランス:今日9月1日よりネオニコ系農薬を禁止

■【たんぽぽ舎発】(放射性)トリチウムが安全なら、東京湾へ放出せよ  南相馬市前市長 桜井勝延さんの「福島からの訴え」 柳田 真

■朝鮮半島の非核化 停滞の原因は米朝首脳会談での約束を守ろうとしない合衆国政府  Bark at Illusions

■トランプ大統領のイラン制裁の背景  イスラエルとイランの確執か  

■家庭裁判所と少年非行に何がおきているのか 家裁調査官が見た40年の変遷Α“鷙埒瑤盒О事件も減少つづき