広告
広告

menu
home
読者登録

団体購読のご案内
「編集委員会会員」を募集

Berita ID

パスワード

SSL


橋本勝21世紀風刺絵日記


記事検索




リンク記事
国民運動で企業献金禁止
ドイツ憲法政治のいま
トランプ、アフリカにも
米国務長官更迭か
籠池夫妻「勾留4か月」
「創価学会の異変」を独占
非正規教員の叫び
パーティー収入8年で最高
宮沢、加計献金疑惑
維新・片山代表も「加計


記事スタイル
コラム
みる・よむ・きく
インタビュー
解説
こぼれ話


特集
中国
農と食
遺伝子組み換え/クローン食品
政治
検証・メディア
教育
橋本勝の21世紀風刺絵日記
農と食
地域
アフリカ
文化
中東
国際
反戦・平和
終わりなき水俣
みる・よむ・きく
人権/反差別/司法
社会
沖縄/日米安保/米軍再編
コラム
移民大国ニッポン
労働問題
アジア
市民活動
国際
欧州
北朝鮮
核・原子力
福島から
ITフロント
韓国


提携・契約メディア
AIニュース
マニラ新聞
NNN
消費者リポート
TUP速報
プレシアン
亞洲週刊
労働情報
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
じゃかるた新聞
Agence Global
Japan Focus
openDemocracy
Foreign Policy In Focus
星日報


Time Line
2017年12月11日
2017年12月10日
2017年12月09日
2017年12月08日
2017年12月05日
2017年12月04日
2017年12月03日
2017年12月02日
2017年12月01日
2017年11月30日



Writer

記者




反戦・平和
北朝鮮・中国脅威論と沖縄米軍基地−進む日本の“軍国主義化”も重大な脅威−
「北朝鮮が保有する弾道ミサイルのうちノドンの射程外となるのはわが国では沖縄などごく一部」。これは辺野古違法確認訴訟、高裁判決(2016年9月16日)の中の一文である。同訴訟は沖縄県知事による辺野古埋立て承認取り消しは違法であると判決したが、前提に北朝鮮・中国脅威論があり、沖縄に米軍基地を引きとめなければ危険であるとの判断がある。(流通経済大学教授 宮平真弥)(2017/08/16)


北朝鮮
北朝鮮が嫌いでも・・・交渉急げの声が米国からも
ならず者の北朝鮮がいくら憎くても腹立たしくても、北朝鮮が望む体制保証などとんでもないと考えても、まずは核・ミサイル開発を凍結させるための交渉を始めるしかない――伊豆見元・東京国際大教授が「朝日」7月30日付でコメントしていたが、米国の有力紙の中からも、トランプ政権に“中国に責任押し付けず、自ら介入を”と「前提条件なし」の直接交渉を求める声が出てきた。(西条節夫)(2017/08/03)


中国
海峡両岸論 第79号(2017年6月6日発行) by岡田 充
南シナ海の「潮目」が変わり始めた。昨年7月の仲裁裁判所の決定で最高潮に達した中国非難の「大合唱」は鳴りを潜めた。(2017/06/15)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(39)
夫に脳腫瘍が発覚してから約2か月後の昨年6月7日。待ちに待った手術日を迎えました。この間、腫瘍周りの浮腫みが増大して急激に具合が悪くなる事態もありましたが、何とか手術にこぎつけました。(れいこ)(2017/06/10)


米国
トランプに抗議で米大手企業がずらり パリ協定「離脱」表明
「親愛なトランプ大統領。われわれは、米国を拠点に、またそこで活動する大企業として、あなたに対し、米国が気候変動に関するパリ協定に留まるよう強く求めます」−−パリ協定からの脱退と「再交渉」を表明した米国のトランプ大統領への内外の批判が収まらない。紹介したのは、米大手企業の連名書簡。この続きと署名者たちは――。(西条節夫)(2017/06/04)


政治
次期衆院選に向けた山形県における野党共闘の実現を!〜「市民連合やまがた」が正式に発足
今年4月16日、山形ビッグウイングにおいて、次期衆院選に向けた野党共闘を呼び掛けるためのネットワーク組織「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合やまがた」(略称:市民連合やまがた)のキックオフイベントが開催された。山形県内で活動する市民団体関係者が、今年1月に集まって準備を始め、この日を迎えたのである。(館山守)(2017/05/15)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(38)
既にお話ししたとおり、昨年5月上旬は、脳腫瘍を患った夫が経営する飲食店の手伝いと、夫を見舞いに東北からやってきた義父母の世話などで非常に慌ただしい生活を送り、私は溜まりに溜まったストレスのために倒れてしまいました。(れいこ)(2017/05/09)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(37)
夫が脳腫瘍を患い、自分が患者家族になったことで、すごく思い知らされたことがありました。(れいこ)(2017/04/02)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(36)
2016年6月上旬に脳腫瘍の摘出手術を受けることが決まった夫は、S県で飲食店を経営しているのですが、入院先が東京にあるTJ医大に決まってから手術日までの約2か月間は特にやることがなく、医者からも「いくら具合が悪くなろうが、手術日は前倒しできない」と言われたので、5月のゴールデンウィーク中にお店を開けることにしました。(れいこ)(2017/03/02)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(35)
夫の脳腫瘍が発覚してから、どこの病院で手術と治療をしていくべきか、すごく迷いました。脳腫瘍が悪性か良性かは、“細胞診”をしてみないと分からない状況で、脳神経外科出身の看護師である友達からの「脳の手術だけは絶対に腕の良いところでした方がいい。一生を左右されるから」というアドバイスもあり、毎日不安の中、インターネットで情報収集しました。しかし、情報量が多過ぎて、「放射線治療はやるのか」とか「抗がん剤の内服になったら・・・」とか、いろいろと頭を悩まされました。(れいこ)(2017/02/17)


政治
山形県における野党共闘の実現を再び! 〜市民団体のネットワーク組織「野党共闘を求める市民の会(仮称)」が発足
厳しい寒波が山形県を覆った1月14日、次期衆院選に向けた山形県内での野党共闘を目指す市民団体のネットワーク組織「野党共闘を求める市民の会(仮称)」が結成された。結成に関わったのは、「戦争やんだ!おきたまの会」「戦争させない・9条壊すな総がかり行動三川町実行委員会」「安保関連法に反対するママの会やまがた」の呼び掛け3団体で、昨年の秋頃から準備を進めてきた。(館山守)(2017/01/31)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(34)
脳腫瘍のため脳が圧迫されると、人には様々な障害が出てきます。夫の場合、左の脳室にめり込むように脳腫瘍ができていたので、運動障害が出てきました。歩く際に足元がふらついたり、足が思うように前に出なかったり、眩暈もあって、歩くスピードが異常に遅くなってきたのです。歩いている最中も、眩暈が出る度に立ち止まってしばらく目を閉じ、眩暈が収まったら再び歩き始めるという具合です。(れいこ)(2017/01/05)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(33)
かなりご高齢な脳神経外科の医師は、午前の診療時間の終了間際に来た私たちに対し、少し迷惑そうな表情を浮かべ、一緒に診察室に入った妻の私を完全に無視し、夫に簡単な問診を行った後、「じゃ、もうMRI(磁気共鳴画像)撮りましょうね」と言いました。そして、MRI検査を終えて待つこと40分ほど。診察室に呼ばれたとき、あれだけ面倒くさそうにしていた医師が、背筋をしゃんと伸ばし、神妙な面持ちで私たちを待っていました。(れいこ)(2017/01/05)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(32)
ご無沙汰しています。東京の看護師派遣会社から医療過疎地の病院に派遣されていた看護師れい子です。 (2017/01/05)


福島から
次期衆院選での野党共闘を求めて〜ふくしま県市民連合が県民集会を開催
今年の参院選(7月10日投開票)で、民進・共産・社民・生活(現・自由党)の4野党は全国32の1人区に統一候補を擁立し、そのうち11の選挙区で勝利した。参院福島選挙区(1人区)では、民進・共産・社民3党の統一候補・増子輝彦氏(民進党)が自民党現職候補を破って3度目の当選を果たしている。その増子氏の当選に向けて、超党派の市民団体「ふくしま県市民連合」は、候補者の1本化を求めて野党3党と協議したり、公開討論会を開催するなど、県内で様々な取り組みを行った。(館山守)(2016/12/18)


欧州
ヨーロッパ圏で広がるイスラム教徒への偏見
9.11(米国同時多発テロ事件)以降、当初は米国とウサマビンラディンとの戦いが、米国主導の有志連合20か国とアフガニスタン・タリバンとの戦い、イラク戦争、IS(イスラム国)の誕生、そしてヨーロッパ圏やアジア圏でのイスラム過激派によるテロへと負の連鎖が続いている。(イタリア・ロンバルディア州=アシフ・ムハンマド)(2016/11/27)


国際
トランプ当選でサンダースが声明
大統領選の結果に嘆きや怒りの声が続くアメリカ。トランプ当選に、あのバーニー・サンダース上院議員も11月9日、声明を出した。ヒラリー・クリントンと民主党の大統領候補の指名獲得を争った、自称「民主的社会主義者」のサンダースは7月以降、反トランプの立場でクリントン候補を支援していた。彼は内外の騒ぎの中、冷静に、しかし、きっぱりと闘争継続を呼びかけている。(西条節夫)(2016/11/14)


反戦・平和
日本軍「慰安婦」関係資料をユネスコ記憶遺産に登録する意義とは
日本軍「慰安婦」問題をめぐる日韓合意が昨年12月末に突然発表されてから、もうすぐ1年が経とうとしています。しかし、この合意に対して「被害者たちを置き去りにしている」という批判の声が上がったり、日韓両政府間での解釈の齟齬が指摘されるなど、真の解決には程遠い状況にあります。(高木あずさ)(2016/11/06)


市民活動
【案内】国際有機農業映画祭2016開催のお知らせ
 有機農業を主なテーマに内外の秀作を上映してきた国際有機農業映画祭も、今年で10回目を迎えます。今年は、「未来を引きよせる」をテーマに12月18日(日)、武蔵大学(東京都練馬区)で開催します。今回の上映は7作品。そのうち3作品は日本初上映です。また、国際有機農業映画祭開催のきっかけとなった『食の未来』もアンコール上映いたします。このほか、「有機農業運動がめざしたもの、めざすもの」をテーマに、星 寛治さん(山形・農業)、稲葉 光國さん(栃木・民間稲作研究所)、関塚 学さん(栃木・農業)をお招きして10周年記念シンポジウムも開催します。(2016/11/04)


核・原子力
核兵器禁止条約? 安倍は反対 私たちには何が?
クラスター爆弾(2008年)、対人地雷(1997年)、化学兵器(1993年)、生物兵器(1972年)――大量破壊、無差別殺傷、非人道的な兵器と、それを禁止する国際条約ができた年のリストだ。ここに核兵器がついに加わるかもしれない。国連総会の第一委員会(軍縮問題)が10月27日、2017年に核兵器を禁止する“拘束力のある法文書”(=条約)について交渉する国際会議の招集決議「多国間核軍縮交渉の前進」を採択したのだ。(西条節夫)(2016/10/29)


福島から
沖縄と福島の連帯で政治を変えよう!〜沖縄県政策参与・照屋義実さん福島講演
沖縄県と福島県。この両県に共通することは、沖縄県は米軍基地問題、福島県は東京電力福島第一原発事故被害という“危険で厄介なモノ”が押し付けられ、両県民が多大な苦しみを強いられていることである。(館山守)(2016/10/25)


福島から
安全保障関連法成立から1年〜福島で市民と野党が合同街頭集会を開催
安全保障関連法の成立から1年となる9月19日、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会は、国会前において「戦争法廃止!9.19国会正門前行動」を行い、集まった国会議員や学者、市民など約2万3000人(主催者発表)が安全保障関連法廃止などを訴えた。この行動に連帯した取組は、全国各地で行われ、福島市では9月18日、JR福島駅前において、安全保障関連法の廃止を求めるふくしま県市民連合(以下、ふくしま県市民連合)が主催する「安保法強行一周年抗議・市民と野党の合同街頭集会」が行われた。(館山守)(2016/10/13)


中国
三十路女子の北京的生活(5)〜北京での家探し
先日、理由あって引っ越ししました。北京に住み始めて丸4年が経ちましたが、これまでに2回引っ越ししたので、現在の家で3軒目になります。その2回の引っ越しは、どちらも自分の希望ではなく、やむを得ず出ていかなければならなかったのです。(アキコ)(2016/09/08)


反戦・平和
内田雅敏弁護士が語る、中国人強制連行・強制労働問題における三菱マテリアルとの和解への道のり
東条英機内閣は1942(昭和17)年、戦争による国内の人手不足を補うために「華人労務者移入に関する件」を閣議決定しました。これに基づき、1944年8月から1945年5月までの間に4万人近くの中国人が日本に強制連行され、炭鉱や工場等で過酷な労働を強いられたということです。この強制連行に関わった日本企業35社のうちの1社「三菱マテリアル(旧・三菱鉱業)」が今年6月1日、3765人の中国人元労働者たちと和解しました。(高木あずさ)(2016/08/28)


北朝鮮
北朝鮮が東京オリンピックに狙いを定め・・・
リオデジャネイロ五輪は、事前に心配されていた競技場の建設遅れや治安、疫病などで大きな問題は起こらず、無事終わった。次回開催国の日本は史上最多のメダル数で、連日マスコミは大きく報道したが、その陰で、お隣の北朝鮮が東京五輪に照準を合わせ、ある計画を作成していた。(西条節夫)(2016/08/27)


米国
サンダースのヒラリーへの応援演説
アメリカ大統領選挙の民主、共和両党の候補者が決まった。クリントン、トランプの演説は、NHKのサイトなどで詳しい日本語訳が読める。ここでは、少し長いが、民主党の候補指名を最後まで争ったサンダース上院議員の、クリントンへの「公約守れよ」的な党大会での応援演説を紹介する。(西条節夫)(2016/07/31)


核・原子力
「核兵器を先に使う場合もある」と安倍は言いたいのか
安倍政権は、アメリカのオバマ政権が核兵器の「先制不使用」政策の検討を始めたことに、危機感を覚えたらしい。米政府に新政策の立案に待ったをかけるべく協議を申し入れたことが話題になっている。(西条節夫)(2016/07/21)


福島から
“市民が作る政治”の主体を担おう!〜福島県で地域版市民連合「ふくしま“市”市民連合」が発足
「安全保障関連法廃止」や「野党は共闘」を訴える全国での市民運動の流れを受けて、福島県では今年2月、「安全保障関連法廃止を求めるふくしま県市民連合」(ふくしま“県”市民連合)が発足した。ふくしま“県”市民連合は、活動方針の中で「多くの市民に活動状況を広く訴えるため、福島県内の各市町に市民連合(=地域版市民連合)を結成していく」と掲げているが、これに呼応する形で、6月に県都の福島市において「戦争法廃止・立憲主義の回復・福島原発全基廃炉を求めるふくしま市市民連合」(ふくしま“市”市民連合)が結成された。ふくしま“市”市民連合が6月11日に福島市民会館で開催した結成集会を報告する。(館山守)(2016/07/08)


人権/反差別/司法
「包括的な救済立法の制定が必要です」〜国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」がAV出演強要問題で集会を開催
国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」(HRN)は3月3日、調査報告書「日本:強要されるアダルトビデオ(AV)撮影 ポルノ・アダルトビデオ産業が生み出す、女性・少女に対する人権被害」を発表しました。今まであまり目が向けられていなかったAV出演強要問題を取り上げた報告書は、多くの人の関心を集めました。そしてHRNは5月26日、この問題をより深く理解してもらうための集会「AV出演強要被害の被害根絶を目指して」を都内で開催しました。(高木あずさ)(2016/06/17)


福島から
安全保障関連法廃止を目指す福島での闘い〜「5.15福島県民集会」開催
「戦争反対!」「憲法守れ!」安全保障関連法の廃止を訴える声が、今年3月29日の施行後も止むことなく福島県でも上がり続けている。(館山守)(2016/06/05)


沖縄/日米安保/米軍再編
海兵隊の経歴、そして日本の切り札「第10条」
元米海兵隊員による女性遺体遺棄事件をきっかけに、沖縄では、駐留の米海兵隊の撤退、さらに県内にある全ての米軍基地の撤去を求める声が広がっている。まさに我慢の限界ということだ。容疑者の元隊員は、幼少のころは大人しい気弱そうな子だったと、故郷ニューヨークの実家近くの女性が話していた。海兵隊での勤務が彼を変えたのか。(西条節夫)(2016/05/29)


中国
三十路女子の北京的生活(4) 〜東京より北京で働く方が、家族と健康に良い!?
先日、ある中国語の教科書の中に“家のことを何もしない、丸投げで無責任な夫”という意味の単語が出てきました。そしてもう一つ、“○○○を言い訳の理由にするな”という言葉が出てきて、その例文として「いつも仕事が忙しいことを言い訳にするな」と夫を責める妻のセリフが書かれていました。“家のことを何もしない、丸投げで無責任な夫”という意味が4つの漢字で表せてしまうことに「中国語ってやっぱりすごいなぁ」と思うと同時に、「国は違っても、こういうことって、やっぱりあるのね」と想像して笑ってしまいました。(アキコ)(2016/05/07)


福島から
核と原発のない世界を目指して 〜核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016 in 福島県いわき市
スイスのダボスで開催される「世界経済フォーラム」に対抗して、2001年以降、新自由主義グローバリゼーションや対テロ戦争への反対運動などを通じて貧困や戦争のない“もうひとつの世界(Another world)”を模索するグローバルな運動「世界社会フォーラム」が世界各地で開催されてきた。日本でもこの運動に呼応した取組が行われている。(館山守)(2016/05/01)


北朝鮮
安倍首相は非難しない北朝鮮の計算
金正日総書記の元専属料理人の藤本健二さん(仮名)が北朝鮮に招待され、金正恩第一書記と面談したことが憶測を呼んでいる。北朝鮮は日本にどう対応しようとしているのか。明確なことは、拉致問題を含め、北朝鮮が日本との交渉継続を期待しているということだ。それは北朝鮮の対日批判の論評や声明を見れば分かる。(西条節夫)(2016/04/27)


福島から
ふくしま県市民連合が野党3党に共闘の可能性を問う 〜「県民公開討論会−各党に問う−市民の声をどう表現するのか」開催
今夏の参院選での野党(無所属)統一候補の擁立・支援等を目的に全国各地で市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)が結成される流れを受けて、福島県でも今年2月28日、「安全保障関連法廃止を求めるふくしま県市民連合」(以下、ふくしま県市民連合)が結成された。(館山守)(2016/04/24)


東日本大震災
福島県郡山市で「2016原発のない福島を! 県民大集会」開催
東日本大震災をきっかけとする東京電力福島第一原発事故から5年が経過した。しかし、今なお放射能汚染の影響で多くの福島県民が避難生活を強いられ、故郷への帰還がままならない状況が続いている。また、福島第一原発の廃炉に向けた作業は、様々なトラブルが相次いで発生しており、ロードマップに基づいた作業が工程どおりに進んでいるとは言えない状況だ。このような中、福島県郡山市の開成山陸上競技場で3月12日、「2016原発のない福島を!県民大集会」が開催され、福島県内外そして海外から約6,000人(主催者発表)の参加者が集まった。(館山守)(2016/04/02)


北朝鮮
スローガンから見える北朝鮮のお寒い内情
国連安保理の新たな制裁決議と米韓の合同軍事演習に反発し、北朝鮮が物騒な言動を繰り返している。36年ぶりに開かれる5月の朝鮮労働党第7回大会まで、この調子で続くだろう。同大会に向けたスローガンには勇ましい言葉が並ぶ。だが、我慢強く読み進めていくと、一種戯画的で「??」「!?」と笑えるお寒い内情が見えてくる。(西条節夫)(2016/03/21)


中国
三十路女子の北京的生活(3) 〜中国の年越し
春節が過ぎると、暖かい日も増え、陽も長くなり、北京にも、少しずつ春が近づいていることを感じます。それにしても、中国の年越しは本当ににぎやかです。日本の年越しに鳴らすのは除夜の鐘ですが、中国では爆竹と花火で新年を迎えます。それも、花火会場のような特別な場所が設けられているわけではなく、その辺にいる近所のおっちゃん達が住宅街で打ち上げるのです。(アキコ)(2016/03/21)


政治
安全保障関連法廃止を求めて福島県民が結集 〜福島県で対参院選「市民連合」結成
「爾の俸 爾の禄は 民の膏 民の脂なり 下民は虐げ易きも 上天は欺き難し」この一節は、陸奥国二本松藩(現在の福島県二本松市)5代藩主の丹羽高寛公(生年1707年頃〜没年1769年)が、藩士の戒めとするために寛延2(1749)年3月、二本松城の東側にある大石に刻ませたものであり、一般的に“戒石銘”と呼ばれている。その意味するところは、「武士の給料は人々の汗と脂の結晶である。民は虐げ易いけれども、神を欺くことはできない。だから民を虐げると、きっと天罰があるぞ」(館山守)(2016/03/14)


東日本大震災
フクシマ原発労働者相談センターが総会を開催(その2)
続いて相談センターは、福島第一原発の廃炉作業状況、福島県内の除染作業で発生した廃棄物の中間貯蔵施設や指定廃棄物最終処分場の建設問題、避難区域の指定解除に伴う避難住民の帰還事業における課題など、福島県の現状を説明した後、今後の活動方針として次の8項目を提示した。(2016/03/05)


東日本大震災
フクシマ原発労働者相談センターが総会を開催(その1)
東京電力福島第一原発廃炉作業の拠点である福島県いわき市において、昨年2月6日、被曝の恐怖におののきながら働く原発・除染労働者への賃金不払いや労災など労働問題や健康被害に対応するため、フクシマ原発労働者相談センター(以下、相談センター)が開設された。その相談センターは、開設から1年が経過した今年2月13日、いわき市内で総会を開催し、1年間の活動を総括するとともに、今後の運動方針を確認した。2回に分けて報告する。(館山守)(2016/03/05)


反戦・平和
日本の「慰安婦」支援団体、外務省に抗議声明提出&緊急シンポジウム開催
突然の日韓合意から1ヶ月が過ぎた2月5日午前中。100人もの人が日韓合意に抗議するため外務省前に集まりました。そして、右翼団体が街宣車から罵声を浴びせる中、外務省に対する抗議行動が始まりました。(高木あずさ)(2016/02/22)


反戦・平和
「吉見裁判」東京地裁判決下る
1月20日、私は「吉見裁判」の判決を聞くために東京地裁へ行きました。「吉見裁判」とは、平成25年5月27日、日本維新の会の桜内文城衆議院議員(当時)が日本外国特派員協会という公の場で、20年以上にわたって日本軍「慰安婦」の実態を追求してきた吉見義明中央大学教授の著書に対して「これは既に捏造であることがいろんな証拠によって明らかとされております」などと発言したことから、吉見教授が発言の撤回と謝罪を求めて桜内氏に内容証明を送ったところ、桜内氏が応じなかったため、吉見教授が桜内氏を名誉棄損で訴えた裁判です。(高木あずさ)(2016/02/13)


北朝鮮
北朝鮮のロケット? ミサイル? そして話し合い解決は可能か?
北朝鮮政府は2月7日の発射について、「地球観測衛星の打ち上げ」で「平和的な宇宙利用権利」の行使だと主張した。これを額面通り受け取る人は少ないにしても、いくつか確認、検討しておこう。(西条節夫)(2016/02/08)


東日本大震災
労働相談から見えてきた福島県における原発・除染労働の実態(後編)
東京電力福島第一原発や福島県内の除染作業に従事する労働者の支援を目的に、1年前の2015年2月6日、福島県いわき市に「フクシマ原発労働者相談センター」(以下、相談センター)が設立された。 (2016/02/06)


東日本大震災
労働相談から見えてきた福島県における原発・除染労働の実態(前編)
「福島第一原発を始め原発施設で働く労働者の生の声を聞き、被ばくが伴う原発労働の現場の実態を把握し、そこで働く労働者の社会的地位向上と救済・補償を確立し、脱原発に向けて取り組む」ことを目的に昨年2月、福島第一原発の廃炉作業に携わる労働者の最前線に位置する福島県いわき市に「フクシマ原発労働者相談センター」(以下、相談センター)が設立された。(館山守)(2016/01/29)


中国
三十路女子の北京的生活(2) 〜川でスケート
相変わらず寒い日々が続いている北京です。さて、わが家の近所には川があります。「釣り禁止。遊泳禁止」といくつも看板が立っていますが、一日中釣りをしているおじさんたちが毎日たくさんいます。そんなにきれいな川でもないので「何が釣れるのかなぁ」とも思うのですが・・・。その川も、この寒さでついに凍ってしまい、釣りをしていたおじさんたちの姿も見えなくなりました。(アキコ)(2015/12/30)


福島から
福島県平和フォーラム・湯野川守事務局次長が語る「原発のない福島を! 県民大集会」の意義
2015年11月現在、東日本大震災と福島第一原発事故による被災3県(福島県・宮城県・岩手県)の全避難者数のうち、福島県民は55%超を占める約10万4000人で、未だ多くの県民が、将来の見通しが立たない中、日々困難な生活を強いられている。(館山守)(2015/12/18)


中国
三十路女子の北京的生活(1) 〜冬の北京名物、涮羊肉
今年もまた、寒くて辛い北京の長い冬がやってきました。しかも例年より早く、11月上旬には雪まで降ってしまいました。「北京秋天」というように、よく「北京は秋が一番いい」と言いますが、そんな一番良い季節は、悲しくもあっという間に過ぎ去ってしまうのです。(アキコ)(2015/11/20)


北朝鮮
日中韓の首脳会談・・・ピョンヤンでもいろいろ動きが
11月1日は日本、中国、韓国の首脳による久々の3国会談、翌2日は日韓会談である。場所はいずれもソウル。中身や結果はマスコミの報道に譲るとして、その北側の方にも気になる動きが出てきた。(西条節夫)(2015/11/03)


沖縄/日米安保/米軍再編
「沖縄・福島連帯する郡山の会」が沖縄連帯交流ツアーを実施
辺野古新基地建設を阻止のため「オール沖縄」で闘う沖縄県民と連帯して主権と民主主義を守ることを目的に、福島県郡山市で今年5月に発足した「沖縄・福島連帯する郡山の会」(以下、郡山の会)は、10月6日から8日までの3日間、沖縄県民との交流や米軍基地などの視察を目的として「沖縄連帯交流ツアー」を実施した。(館山守)(2015/11/01)


反戦・平和
Conect主催「アンポホウセイってなに?」〜自らの言葉を持つことの大切さ
9月19日未明、安全保障関連法が参議院本会議で可決、成立しました。この法律には多くの国民が反対の声を上げ、8月30日には国会前や官邸前、日比谷公園などに延べ35万もの人々が集まり、抗議の声を上げました。そして、法律成立後の現在も、全国各地で廃案を求める抗議行動が連日続いています。(高木あずさ)(2015/10/11)


反戦・平和
福島から国を動かしていこう!(2)〜福島県労連・斎藤富春議長インタビュー
9月13日に福島県庁前で開催された「福島は怒っている!戦争させない9条壊すな!戦争法案NO!福島県民大集会」(主催者発表:約2,500人)には、“安保法案反対”の一点で様々な団体・個人が結集して成功を収めたものの、福島県民の願いも叶わず、安保関連法は約1週間後の9月19日未明に成立してしまった。これを受けて、大集会の主催団体の1つである福島県労連の斎藤富春議長に、大集会の感想や今後の行動予定などをお伺いした。(館山守)(2015/10/10)


反戦・平和
福島から国を動かしていこう!(1)〜福島は怒っている! 戦争させない9条壊すな! 戦争法案NO! 福島県民大集会
「十分な審議が尽くされていない」として継続審議を求める野党や、国会を取り巻く市民たちの強い反発がある中、衆参両院における与党の強行採決により、安全保障関連法が9月中旬に可決・成立した。安保関連法案が国会で審議入りして以降、国会周辺では廃案を訴える市民団体「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」や学生団体「SEALDs(シールズ)」などによる抗議行動が繰り返し実施されるとともに、これに呼応して全国各地でも抗議行動が行われた訳だが、東日本大震災の被災地で、東京電力福島第一原発事故による放射能汚染で未だ多くの住民が避難生活を強いられている福島県でも県内各地で抗議行動が取り組まれた。(館山守)(2015/10/10)


北朝鮮
日朝ストックホルム合意に基づく調査結果はいつ発表されるのか 〜問われる日本の外交力
9月17日は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と日本の両国首脳が、日朝平壌宣言に署名した日だ。戦前の日本による植民地支配という「不幸な過去を清算」し、「懸案事項を解決」して国交正常化をめざすという同宣言だが、今年もその目標を達しないままの記念日となる。(西条節夫)(2015/09/13)


核・原子力
「広島、長崎への原爆投下、国際裁判の対象」 〜ロシア下院議長の発言を読む
今年の8月5日、ロシア連邦議会のセルゲイ・ナルイシキン下院議長が、モスクワ国立国際関係大学で行われた広島・長崎への原爆投下70周年をテーマとする円卓会議で標記のように発言し、ロシアや日本をはじめとるす各メディアが報じた。ナルイシキン氏はプーチン大統領の側近の1人で、ロシア歴史学会の会長も務めており、以前にも同様の発言を行っている。(西条節夫)(2015/08/30)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(31)
今、私が住んでいる地域は、自殺が非常に多い地域です。片田舎で、仕事も無くて、田舎独特の閉塞的な雰囲気が漂い、生きづらさみたいなものを都会以上に感じます。病気や貧困から死を選ぶ人も少なくないです。自分と年齢の近い人が自殺企図で運ばれてくるのを見ると、非常に複雑な気分になります。働き盛りのこの年齢で、何故死を選ばなければならなかったのか。本人が気持ちの切り替え方法や、自分を労わる方法を知っていたら、自分を追い詰めないで済んだのではないかなぁと思うのです。(れいこ)(2015/08/22)


反戦・平和
「戦争について、多くの若者に関心を持ってほしいのです」 〜人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」事務局長・伊藤和子弁護士インタビュー〜
安全保障関連法案が衆議院を通過し、参議院での審議が開始されました。この法案を「戦争法案だ」とみなし、「戦争に巻き込まれるのではないか」といった懸念を持つ市民が多くいます。政治には無関心と言われていた若者も立ち上がり、反対の声を挙げている様子が連日メディアで取り上げられています。私の記憶に残る戦争と言えば、2003年に起こったイラク戦争ですが、当時、中学生だった私は深く考えることもなく、その出来事を単なるニュースの1つとして受け流すだけでした。その後、日本軍「慰安婦」問題に関心を持つようになってから、そして安保関連法案の国会審議を見ていて、戦争の実態を自分の身に引き寄せて真剣に考えなければならないとの思いを強めつつあります。そこで、世界で続く深刻な人権侵害を無くそうと活動している人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」事務局長で、7月2日に設立された「NGO非戦ネット」の呼びかけ人の1人である伊藤和子弁護士に「平和」について語っていただきました。(高木あずさ)(2015/08/22)


福島から
福島県内の原発・除染労働をめぐる現状 〜福島県労連議長・斎藤富春氏インタビュー 其の2〜
「原発・除染労働者のたたかいを支援する会」共同代表を務める福島県労連議長の斎藤富春さんに、原発・除染労働における課題や復興に対する思いを語っていただいた。(館山守)(2015/08/01)


福島から
福島県内の原発・除染労働をめぐる現状 〜福島県労連議長・斎藤富春氏インタビュー 其の1〜
東日本大震災から4年4カ月余り。およそ40年に及ぶとも云われる福島第一原発の廃炉作業は、地下に溜まった汚染水処理や、高濃度の放射能に汚染された区域が無数に点在する原発施設内での困難な作業などが相まって、遅々として進んでいないように見える。また、福島県内では、放射性物質を地表面から取り除くための除染作業も進められているものの、除染方法や処理に関する問題点が指摘されており、約2.5兆円(2013年末、環境省試算)の費用が投じられる公共事業としての有効性が疑問視されるところである。(館山守)(2015/08/01)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(30)
高齢になると、骨折ひとつでも、術後における日常生活動作の回復が若い人より倍の時間がかかるのが常です。だから、弱気になるのは仕方のないことだと思うのですが、私たち医療従事者が、患者さんを疾病から早く回復させようと精一杯援助しても、患者さんの口から「こんな不自由な身体になって」とか「早く楽になりたい、死にたい、お迎えを待っている」という台詞を毎日聞かされたら、本気で患者さんに向き合っている分、やる気が削がれます。(れいこ)(2015/07/23)


反戦・平和
戦後70年という節目&安全保障関連法案が可決・成立しそうな今こそ、改めて戦争がもたらす悲劇を見つめ直してみませんか 〜ドキュメンタリー映画「“記憶”と生きる」上映中〜
日本軍「慰安婦」だったハルモニたちの生活を日本人フリージャーナリストがビデオカメラで記録したドキュメンタリー映画「“記憶”と生きる」が東京・渋谷の劇場「UPLINK」(アップリンク)で上映されています。今後、佐賀県や愛知県、神奈川県等でも順次上映される予定です。(高木あずさ)(2015/07/18)


文化
文化財をめぐる争いから平和と交流のための文化財返還運動に 有光健
2014年10月29日にソウル・故宮博物館講堂で開催された「文化財探し韓民族ネットワーク」の創立大会において、「韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議」を代表して講演した有光健さんの講演要旨です。(出典:韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議年報2015)(2015/07/01)


沖縄/日米安保/米軍再編
「沖縄・福島連帯する郡山の会」が目指すもの 〜吉川一男共同代表インタビュー〜
平成23年3月11日発生の東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発事故の放射能汚染により、福島県では県民の多くが県内外での避難生活を余儀なくされている。このような中、福島県郡山市に今年4月、沖縄駐留米軍の辺野古新基地建設を阻止し、主権・人権・民主主義を守ることを目的に活動する市民団体「沖縄・福島連帯する郡山の会」(以下、連帯する会)が発足した。(館山守)(2015/06/23)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(29)
恐らく患者さんの中にも「話しやすい」とか「相談しやすい」といった個人的に好きな看護師がいらっしゃると思いますが、看護師にもそれぞれに「癒しキャラ」的、例えば小さくて可愛らしいおばあちゃんとか、ぽけ〜っとしたおじいちゃんなど、ギスギスした心を癒してくれる患者さんがいます。私にとってその人は「ぽよちゃん」という患者さんでした。(れいこ)(2015/06/21)


市民活動
安倍政権に女性たちからレッドカード! 〜6月20日(土)国会を真っ赤なチェーンで囲みましょう!!〜
男女平等の国アイスランドでは、国際婦人年の1975年に女性の90%が「レッド・ストッキング」を身に付けて休暇を取り、女性の役割がいかに重要であるかを訴えるべく、大統領府前の中央広場を埋め尽くすという歴史的な大集会がありました。その史実に思いを重ね、「集団的自衛権の行使を認めません!」「殺し殺されるのはイヤ!」「女たちは平和が第一!」というレッドカードを安倍政権に突き付ける「女の平和」国会ヒューマンチェーンが6月20日(土)に再び実施されます。(高木あずさ)(2015/06/15)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(28)
夜勤が終わる朝方になると、よく患者さんから「夜勤が終わったら何しているの?」と質問されます。基本的に、夜勤は16時半から翌朝9時迄で、仕事が終われば面倒臭くてもスーパーに寄って食材を購入し、「今日は絶対にもう外に出ない」と心に誓いつつ帰宅して、天気が良ければ洗濯、掃除をします。正直、自宅に着く頃は相当眠いです。 (2015/05/25)


市民活動
福島県郡山市で超党派の「沖縄・福島連帯する郡山の会」が発足
「アメとムチの政策によって福島県に原発を押し付け、結果、重大事故が発生しました。『早く住める地域を返してほしい』という福島県民の願いとは裏腹に、なかなか復興が進んでいません。沖縄県における安全保障問題と福島県におけるエネルギー問題は、『県民の命』という観点からすると、二重基準がまかり通っているという大きな共通点があります」(琉球新報・松元剛報道本部長) (2015/05/24)


反戦・平和
現代の若者から見た慰安婦問題(3)〜挺対協の活動を聞いて感じたこと〜
 平成生まれの私は、これまでに「慰安婦」問題を扱った書籍を読んだことはありましたが、あまりに昔のことで、どこか遠い世界の話のように感じていました。 (2015/05/18)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(27)
 以前、私が登録している派遣会社の社長と面接しているときに、「夜勤で一番辛い時間帯っていつ?」と聞かれたことがあります。どうしてそのような質問をするのか不思議に思いましたが、夜通し働く機会が無い人には分かりづらいのでしょう。私は看護師になって3年目からいろいろな病院に派遣されましたので、それに伴って様々な場所で仮眠を取ってきました。(れいこ)(2015/04/25)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(26)
 どこの病院でも、何らかの事故や患者さんとの間にトラブルが起こったときなどに作成する「インシデント・アクシデントレポート」があると思います。ざっくり言うと、このレポートは医療現場での事故の原因を分析して再発を防ぐ目的で作成するものです。 (2015/04/01)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(25)
 数ヶ月前に内科病棟から外科・整形外科病棟へ異動になりました。そこで目にしたのは驚くほど高い高齢者の骨折率。転んで大腿骨頸部骨折やら、尻もちをついて腰椎圧迫骨折やら・・・。高齢化社会の今、「骨を折る高齢者がたくさんいるんだなぁ」と驚いています。(れいこ)(2015/02/28)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(24)
 先日、夜勤のため病棟に行ったところ、看護師の休憩室に患者さんから差し入れられたお菓子が山のように積まれていました。恐らく患者さんの退院時期が重なったのと、病院が所在する地域が田舎であるが故に義理人情に厚い患者さんやご家族が多く、「お世話になりました」という気持ちを込めて菓子折りを持ってこられたのだと思います。(れいこ)(2015/02/01)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(23)
 日頃お世話になっているということでお礼の気持ちを伝えたいのか、金品を個人的に渡してこようとする患者さんが時々現れます。飴玉レベルじゃなくてお金とかをティッシュに包んで素早く私のポケットに入れてくるのです。全くもって迷惑な話でして、「感謝の押し付けだな」と思うことがあります。(れいこ)(2014/12/30)


人権/反差別/司法
元戦犯者たちが韓国政府を相手に提訴 〜問われる日本政府の対応〜
 第二次世界大戦終結後、連合国による戦犯裁判で「日本人」として捕虜虐待の罪に問われた韓国人元BC級戦犯者とその遺族計10名が10月14日、韓国政府が自分たちの名誉回復を日本政府に求めていないのは違憲であるなどとして韓国の憲法裁判所に提訴した。 (2014/12/23)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(22)
 私は、末期ガンや老衰等でまもなく死を迎えるであろう患者さんに普段何気なく接していますが、看護の仕事に追われていると、そうした患者さんがこれまで生きてきた道を想像することなどほとんどありません。 (2014/11/30)


人権/反差別/司法
現代の若者から見た「慰安婦」問題(2) 〜 女たちの戦争と平和資料館(wam)事務局長・渡辺美奈さんインタビュー 〜
 朝日新聞が8月上旬に過去の「慰安婦」報道の検証記事を掲載した直後、僕はwam事務所にお邪魔し、ご多忙の中、wam事務局長の渡辺さんに時間を割いていただいてお話を伺ったのだが、やはり僕の知識不足は否めず、渡辺さんにも勉強不足を指摘される有様で、今思うと恥ずかしい限りなのだが、腋の下や背中にどっと汗をかきながら、渡辺さんに伺った貴重な話を多くの人に知ってもらいたいと思ったので、ここに紹介しようと思う。渡辺さんからお話を伺ったことで、僕たち日本人に今、何が問われているのかが少しだけ分かったような気がしている。(三宅保)(2014/11/30)


人権/反差別/司法
現代の若者から見た「慰安婦」問題(1)
 故・金学順(キム・ハクスン)さんが初めて「慰安婦」であったことを名乗り出て日本社会に大きな衝撃を与えた1991年当時、僕は遊び盛りの小学生だったので、当然ながら「慰安婦」問題という難しい社会問題には関心が向かず、その後も特に勉強する縁も機会も無いまま、とうとう20歳代後半に差し掛かってしまった。 (2014/11/30)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(21)
 この世にガンという病気がなければみんな幸せですか? (2014/11/19)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(20)
 近年、高齢者のストーカー事件がメディアで取り沙汰されるようになってきました。ストーカーになる高齢者の半分以上が男性で、仕事を引退したり、妻に先立たれたり、何らかの理由で社会から孤立した際に異性から優しくされると恋心を抱いてしまい、恋心が募り過ぎて付きまといや脅迫行為など行動がエスカレートしていくというパターンが多いようです。 (2014/11/02)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(19)
 「あんたたちの世話にはならない」「年老いてまで、あんたたちの世話をしないといけないなんて無理」「私は退職金を貰ったら、さっさと老人ホームにでも入る」 (2014/10/15)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(18)
 私の住む地方都市は、観光で何とか食いつないでいるような場所で、子供の夏休み頃には連日、東京から車や人が押し寄せて道路は大渋滞になります。祭があったり、花火大会があったりと、夏は一番賑わう時期です。 (2014/09/23)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(17)
 突然の部署異動で1年2ヶ月続いた夜勤専従生活にピリオドを打ちました。夜勤だけの看護師として1年以上働くのは、私の看護師人生で初の試みでした。正規でなく派遣の看護師だったからチャレンジできたと思っています。アラフォーの私が体調を崩すことなく健康に1年以上過ごすことができ、自分の体力に感心する次第です。(れいこ)(2014/09/07)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(16)
 私は職業柄、患者さんに痛いことをよくします。痰吸引だったり、点滴の針を刺したり、大腿骨を折って痛みの強い患者さんにだって「体位変換をしなければ褥瘡ができるから」と言って体位を変えてみたり・・・。 (2014/08/25)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(15)
 私が住む町はとにかく狭く、近所のスーパーに買い物に行っても、どこかに食べに行っても、知り合いだったり、患者家族だったり、誰かしらと確実に出会います。それほどの小さな町なので、隠しているつもりでも、何故かその隠し事をみんなが知っているという田舎ならではの凄い情報網が存在しています。(れいこ)(2014/08/16)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(14)
 クリニックと違い、入院患者さんがいる病棟で働くナースは、土日といえども患者さんを放置するわけにはいかないので、外来診療が休みの土日もローテーションを組んで勤務に入ります。土日勤務に組み入れられる可能性が高いのは、私のような独身で子どものいないナースで、子育てしながら働いているママさんナースは、子どもの行事や週末の休みに合わせて休むことが多くなります。(れいこ)(2014/08/05)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(13)
 近年、どこの病院でも「接遇」の重要性が叫ばれています。 (2014/07/15)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(12)
 私たち医療従事者は、勤務中に患者さんがお亡くなりになることをよく経験します。患者さんがお亡くなりになると、身体を拭いて綺麗にして、肛門と口に詰め物をして内容物が出てこないようにして、死化粧を施すといった死後処置を行います。この死後処置を、大都市にある病院の一部は専門業者に任せているようですが、依然として看護師が死後処置を行っている病院がほとんどです。(れいこ)(2014/07/04)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(11)
 ここ数年、日本人のモラルの低下が指摘されていますが、私も身近で感じることが多くなってきた気がします。英単語の「ペイシェント」(=患者)に「忍耐強い」という意味があるように、一昔前は、患者さんに「ひたすら病気と孤独に耐え忍ぶ」というイメージがありました。でも、最近では我儘で自己中心的な患者さんが非常に多くなってきた印象です。(れいこ)(2014/06/28)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(10)
 夜勤専従も2年目に突入しました。以前、「夜間働いている人は、昼間働いている人よりも鬱になる傾向が強い。夜勤に従事するのであれば、ポジティブな性格の人の方が向いている」という記事を読んだことがありますが、何とか体調を崩すことなく過ごせています。(れいこ)(2014/06/25)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(9)
現在私が働く病院は、地域柄、元漁師さんの患者さんが多くいます。中でも、若い頃から漁師として働いてきた人は、漁船のエンジンが発する大きな音を間近で聞きながら仕事をなさってきたので、難聴を患っている人が非常に多くいます。職業病でなくても、高齢になれば多少なりとも耳の聞こえが悪くなったりするわけですが、それだけでは説明が付かないほど、難聴の患者さんの多さに驚かされています。(れいこ)(2014/06/03)


医療/健康
夜勤ナースの独り言(8)
 数年前、私の父は胃がんで他界しました。病院嫌いの父は、胃の調子が悪くても断固として病院に行かず、市販薬を飲んで胃痛を誤魔化し、いざ食べ物が食べられなくなって病院に駆け込んだ時には、もう既に手遅れの状態でした。ただ、手術により一応胃に食べ物を通過させることが可能になったので、父はその後、抗がん剤治療を行いながら5年間生きることができました。(れいこ)(2014/05/23)


労働問題
夜勤ナースの独り言(7)
 今となっては恥ずかしい限りですが、看護師になりたての頃、私は自称「熱血ナース」でありながら仕事はできず、なのに頭が硬くて先輩や指導者の意見が素直に聞けない人でした。 (2014/05/11)


労働問題
夜勤ナースの独り言(6)
 最近、四柱推命にハマっています。悪いことには一切耳を傾けませんが、良いことはとことん信用する都合のいい性格です。そんな私の主星は「偏財」。職業は看護師向きであるという結果に、一生この看護師生活から抜けられないのかとがっかりしている次第です。(れいこ)(2014/04/27)


外国人労働者
エチオピア人労働者が労働組合を立ち上げ! −労働法遵守と労働条件の改善を求める− APFS労働組合執行委員長 山口智之
母国を離れて必死に生きている移住労働者。慣れぬ言語や文化の相違を乗り越えて働く移住労働者。私たちAPFS労働組合は、こうした人々の砦になろうと考えているし、移住労働者が安心して人間らしい仕事(ディーセント・ワーク)を勝ち取るまで闘い続ける。そのためにもセピアスピニング分会の闘いは負けるわけにはいかないのである。(2014/04/27)


労働問題
夜勤ナースの独り言(5)
私の働く地域は僻地なので、周辺には都内のように専門病院がありません。ですから、精神疾患を持つ患者さんであろうが認知症で徘徊する患者さんであろうが、病気になったら急性期の病院に入院せざる得ない場合があります。 (2014/04/23)


労働問題
夜勤ナースの独り言(4)
同じ職場の看護アシスタントの女の子が今年、地元の看護学校を受験しました。聞けばなんと倍率は9倍だそうで・・・。看護学校の受験者数は年々確実に増えてきています。この大不況の中、手に職を付けようと、会社を辞めて受験する人も増えているようです。 (2014/04/08)


労働問題
夜勤ナースの独り言(3)
看護師派遣会社を通じて地方の病院に派遣されて早数年。離婚を経験した私に定住する地は無く、引き続き医療過疎の今の地域に留まっています。 (2014/03/20)


労働問題
夜勤ナースの独り言(2)
私は現在、とある過疎地域の病院で看護師をしています。 (2014/03/12)


労働問題
夜勤ナースの独り言(1)
ひと昔前までは3K、いわゆる「きつい」「汚い」「危険」な職業と言われていた看護師。不景気なこのご時世、「看護師って給料いいんでしょ」「資格があるから、食いっぱぐれなくていいね」「就職先困らないでしょ」なんて悪意と偏見に満ちたご意見を嫌というほど聞かされるので、職業についてはなるべく隠し通したい私です。(れいこ)(2014/03/04)








広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告





Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
よくある質問お問い合わせ利用規約各種文書広告掲載記事配信会社概要